Victory Road

アダルト動画

2015/01/25 (日)
2015年1回京都8日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒1、日曜がマイナス0秒2だった。ここまで9日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスゾーンだが、前半2週と比較すると後半2週は時計が掛かっていた。また、後半2週については土曜よりも日曜の方がわずかではあるものの、時計が出やすくなっていた。これら2点は中山と共通。
 木曜日に雨が降ったが、土曜から良馬場だった。とは言え、パンパンの良馬場ではなく、1週目・2週目と比べればかなり時計の掛かる状態。超スローペースだと、流石に外からの差しは間に合わなかったが、普通のペースになれば外からの差しも効く。これも1週目・2週目とは違った。今週からの2回京都はBコース使用となる。今の時点で内が著しく傷んでいる訳ではないので、コース移動で劇的に時計が速くなる事はないと思われるが、今開催の3週目・4週目は開催日に雨の影響が残っていたはず。という事は、パンパンの良馬場なら馬場差はマイナス方向に動くはず。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒8からマイナス1秒3へと変動、日曜はマイナス1秒1からマイナス0秒4へと変動した。ここまで9日間の馬場差を振り返っておくと、5日目を除くと全て1日の中でも時計の出方が変わっている。また、総じて時計の出やすいコンディションだったのに対し、5日目だけは終日時計の掛かるレベルだった。
 木曜に雨が降って、その後気温が低いので乾くのが遅く、土曜は重だった。日曜は重から稍重へと変化して、土日とも馬場差は変動。これは3週目と似たパターンだったが、先週の日曜日は昼から気温が上がったので、変動の幅が大きい。また、マイナス1秒1からマイナス0秒4への変動だが、これは4Rでも実はマイナス1秒で、これは時間の経過に比例した変動ではないので注意してください。先週は京都のダートにしては前残りの決着が少なかったかなと感じた。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/01/25 (日)  芝=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1600 エイシンファイヤー    牡3 未勝利 1:35.9 +0.4 -0.3 +0.3 -0.2 97   C C
6R T1800 クルミナル    牝3 新馬 1:54.5 +5.5 -1.7 +4.0 -0.2 60 S C
8R T1800 フォルシャー    牡4 500万下 1:47.8 +0.4 ± +0.6 -0.2 94   D D
9R T2400 タガノレイヨネ    牡6 睦月賞1000 2:28.5 +2.4 -1.1 +1.5 -0.2 85   S C
11R T1600 ハナノシンノスケ    牡8 石清水H1600 1:34.0 +0.7 -0.2 +0.7 -0.2 93   D C

2015-01-25 (日)  ダ=-1.1 → -0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 グリューヴァイン    牝3 未勝利 1:12.5 -0.5 ± +0.2 -0.7 98   C D
2R D1800 ショウナンバローネ    牡3 未勝利 1:52.9 -1.4 ± -0.3 -1.1 103   C D
3R D1400 ミッキーシーガル    牡3 未勝利 1:24.9 -1.0 ± -0.2 -0.8 102   C D
4R D1200 ブルームーン    牡3 500万下 1:11.3 -1.0 ± -0.3 -0.7 103   B C
7R D1800 メイショウウタゲ    牡4 500万下 1:53.0 +0.4 -0.5 +0.7 -0.3 93   D D
10R D1800 マスクゾロ    牡4 五条坂特1000 1:51.9 +0.1 -0.6 +0.1 ±0 99   C C
12R D1400 ヒナアラレ    牝4 500万下・牝 1:25.1 +0.6 ± +0.9 -0.3 91   E D

         

■ワンポイントアドバイス
キンシャサノキセキ産駒の初ダート
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。