Victory Road

巨乳のサンプル動画が見放題!

2015/02/07 (土)
2015年1回東京3日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜はプラスマイナスゼロからプラス1秒7へと変動した。まずはここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、開幕週は水準レベル、先週土曜は少し時計が出やすくなったが、日曜は雨の影響を受けた。
 2/5の木曜日に小雪やみぞれが降った。ただ、先々週のような積雪と言う程ではなくて、土曜朝には良馬場発表に回復している。土曜日の芝は同じ良馬場発表の2日目より少し速い状態。先々週の除雪作業の影響もあって、表面見た目は悪く映るが、開催2週目より傷み自体は少ない。この後土曜夜にまた雨が降って、日曜日は土曜より掛かって水準の馬場差に戻った。ただし、4R前からまた雨が降り出して一時はかなり激しく降って8Rごろから小雨になって、10R前に上がった。このため日曜日の馬場差は変動。5Rにはプラスゾーンに入って、後半が9Rさらに10R・11Rとかなり時計を要す馬場になって行った。
土日を通して前で押し切るケースとか、差し馬でも内を通って来る馬の活躍が目立っていた気がするが、これはスローペースのレースが多かった事が影響していて、外からの差し・追い込みが決まりにくいという事はない。残り2週もDコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス0秒1、日曜はプラスマイナスゼロからマイナス0秒5へと変動した。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、開幕週は速い時計の出るコンディション。2週目の先週は日曜前半まで水準レベルだったが、その後雨の影響で少し時計が出やすくなった。
 木曜の雨の影響があって、土曜1R時点で稍重発表。ただ、それでも雪が降った先々週のコンディションとは根本から違って、中間に凍結防止剤を追加していないにも関わらず、時計の出方は水準並みだった。日曜日は変動で、水準から始まって途中の降雨から徐々に速くなって行った。全体に前残りよりも差し馬の台頭が目立っていた。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/02/07 (土)  芝=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1800 クインズラピス    牡3 未勝利 1:48.8 -0.1 -0.6 -0.4 -0.3 104 B C
8R T1800 カレンリスベット    牝4 500万下 1:49.8 +2.1 -1.0 +1.4 -0.3 86   S D
9R T2400 ヴェラヴァルスター    牡3 ゆりかも500 2:30.7 +3.2 -1.4 +2.2 -0.4 78   S C
10R T2400 ダービーフィズ    牡5 箱根特H1000 2:26.3 +0.1 -0.5 ±0 -0.4 100   C C
12R T1400 ボンジュールココロ    牝5 1000万下 1:21.6 -0.1 -0.2 -0.1 -0.2 101   C D

2015-02-07 (土)  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1300 ノーフェイト    牝3 未勝利・牝 1:20.3 +0.7 ± +0.8 -0.1 92   E D
2R D1400 ミッキードラマ    牡3 新馬 1:26.0 -0.4 -0.6 -0.9 +0.5 109   A D
3R D1600 ブラインドタッチ    牡3 未勝利 1:39.6 +0.1 ± +0.2 -0.1 98   C D
6R D1400 アジアンテースト    牡3 500万下 1:24.1 -1.3 ± -1.2 -0.1 112   A D
7R D2100 グラスプリマ    牝4 500万下 2:12.7 +0.5 ± +0.6 -0.1 94   D D
11R D1600 サウンドトゥルー    セ5 白嶺SH1600 1:37.0 +0.6 ± +0.7 -0.1 93   D C

         

■ワンポイントアドバイス
ディープインパクトに逆らってはダメ
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。