Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2015/02/08 (日)
2015年2回京都4日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜がプラス0秒1だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、前開催3週目はいくらか時計の出やすいレベルだったが、その後は水準レベルで推移している。いずれにしても最も時計の出やすい日でもマイナス0秒4。逆に時計が掛かった日でもプラス0秒1ですので、大きな動きではない。
 木曜日の雨は2.5ミリにとどまった。芝は完全には乾いていないが、それでも土曜日は先々週日曜の良馬場発表時よりも若干速くて、馬場差はマイナス0秒2。日曜日は朝の7時ごろから雨がパラつきはじめて、8時ごろには傘が必要なくらいの降りになった。雨は1Rの発走前にはあがったが、馬場差はプラスになった。という事で、土日を通じて良馬場で大きく時計の出方が違った訳ではないものの、日曜の方が時計は若干掛かっていた。上位馬の脚質を見ると、逃げ切りあり、土曜9Rのカフェリュウジンのようなマクりあり、外からの差しありと決まり手は多岐に及んでいて、京都らしい内一辺倒ではない。なお、残り2週もBコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒5、日曜がマイナス0秒2だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値で総じて速い時計の出るコンディションだが、この開催は徐々に時計が掛かって行き、先週日曜については、水準に近いレベルとなった。
 繰り返すが、土曜はマイナスはマイナスでも先々週の土日と比べると水準寄りだった。日曜は朝に雨が降ったが、土曜よりはさらに時計を要していた。先行有利の京都らしく逃げ切りや先行粘り込みが多い傍ら、ペースが上がると差し馬も上位を賑わせていた。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/02/08 (日)  芝=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T2200 アンバーグリスキー    牡3 未勝利 2:16.8 +1.3 -0.9 +0.3 +0.1 97   C D
6R T1600 ヴェネト    牡3 新馬 1:35.8 ±0 ± -0.1 +0.1 101   C C
8R T2000 ハッピーモーメント    牡5 500万下 2:01.3 +0.7 ± +0.6 +0.1 94   D D
10R T1200 シゲルカガ    牡4 山城SH1600 1:08.8 +0.5 ± +0.4 +0.1 96   D D
11R T1800 ルージュバック    牝3 きさらぎG3 1:48.6 +1.4 -0.6 +0.7 +0.1 93 D C

2015-02-08 (日)  ダ=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 ヤマノルミナス    牝3 未勝利・牝 1:56.4 +2.1 -0.6 +1.7 +0.4 83   E E
2R D1800 ドラゴンバローズ    牡3 未勝利 1:54.7 +0.4 ± +0.6 -0.2 94   D D
3R D1400 キタサンサジン    牡3 未勝利 1:25.6 -0.3 ± -0.1 -0.2 101   C C
7R D1800 ラローザブル    牡5 500万下 1:52.9 +0.3 -0.7 -0.2 +0.5 102   C D
9R D1200 オースミイージー    牡7 橿原S1600 1:12.0 +1.3 ± +1.4 -0.1 86   E D
12R D1200 ゴーインググレート    牡5 1000万下 1:12.1 +0.8 ± +0.9 -0.1 91   E C

         

■ワンポイントアドバイス
ディープインパクトに逆らってはダメ
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。