Victory Road

DMM.make DISPLAY

2015/02/14 (土)
2015年2回京都5日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒4、日曜がマイナス0秒3だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、水準前後で推移していたが、先週は少し時計が出やすくなった。
 金曜と土曜の明け方に少し雪が降ったが、土曜は日が出て芝は良馬場発表。中間に雨が降らなかった事もあって、時計の出方は水準よりも速くなった。日曜は雨がパラつく時間帯もあったが、時計の出方に影響を及ぼす程ではなくて、馬場差はマイナス。土日を通して、マイナスの馬場差は今開催で初めて。決まり手は京都記念のような行った行ったがある傍ら、差しも効いていた。なお、最終週もBコース使用となる。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒1だった。ここまでの馬場差を振り返っておくと、この開催に入ってからは、徐々に時計が掛かって、先週は土日ともにプラスの数値になった。
 金曜から土曜にかけての雪自体がごく少量なところに持ってきて、中間雨が降らず、先々週に散布した凍結防止剤も残っている状態。砂が乾いている上に少し粘り気のある、力のいるコンディションになった。ダートの馬場差がプラスになったのは、今開催で初めてで、日曜も土曜と同じ馬場差。京都のダートらしく、逃げ切りが6鞍あるが、土曜後半の2着馬は後方からの追い込みで、日曜12Rの1着サクラエールは後方一気の差し切りだった。差し・追い込みも流れ次第では決まっていた。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/02/14 (土)  芝=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T2000 ブロウユアマインド    牡3 未勝利 2:01.7 -0.4 -0.6 -0.6 -0.4 106   B D
7R T1600 アサクサティアラ    牝5 500万下 1:35.1 +0.6 -0.8 +0.1 -0.3 99   C C
9R T1600 ペルフィカ    牝3 こぶし賞500 1:35.6 +0.8 -0.4 +0.7 -0.3 93   D C
10R T2400 プランスペスカ    牡5 琵琶湖H1000 2:25.9 -0.2 ± +0.3 -0.5 97   C D

2015-02-14 (土)  ダ=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 セイユニコーン    牡3 未勝利 1:13.4 +0.4 ± +0.3 +0.1 97   D D
2R D1800 オルナ    牡3 未勝利 1:53.8 -0.5 ± -0.6 +0.1 106   B D
3R D1400 ラディカル    牡3 未勝利 1:26.9 +1.0 ± +0.9 +0.1 91   E C
4R D1400 ハトマークエース    牡3 新馬 1:27.8 +1.7 ± +1.6 +0.1 84   E C
6R D1200 リンガディンドン    牡3 500万下 1:12.8 +0.5 ± +0.4 +0.1 96   D C
8R D1900 キャンバス    セ4 500万下 2:01.0 +1.8 -0.7 +1.0 +0.8 90   E D
11R D1900 アスカノロマン    牡4 アルデバH 1:56.8 ±0 ± -0.1 +0.1 101   C D
12R D1800 トゥザレジェンド    牝5 1000万下・牝 1:52.8 +1.0 ± +0.9 +0.1 91   E D

         

■ワンポイントアドバイス
状態面。負けるべくして負けた人気馬
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。