Victory Road

アダルト動画

2015/02/15 (日)
2015年1回小倉4日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒8、日曜がマイナス0秒7だった。まずはここまで4日間の芝の馬場差を振り返っておくと、マイナス0秒9からマイナス0秒7の間で推移しており、速めの時計が出るレベルで安定している。
 週単位で見れば1週目より少し水準方向に近づいたが、相変わらず速めの時計が出る馬場コンディション。今週は開催3週目になるが、Bコースに替わるので良馬場なら先週と時計の出方は大きくは変わってこないと思う。連対馬の脚質を見ると、1週目特に開催初日とは違って、外からの差し馬も連対。土曜の8R以降の4鞍は全て中団・後方から外を回った馬が連対していた。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がプラス0秒7、日曜がプラス0秒9だった。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、1週目がマイナス1秒台で速い時計が出るコンディションだったのに対して、先週はプラスの数値になった。
 中間は木曜日に3.5ミリの雨量を記録していたが、金曜日正午の時点で、既に良に回復していた。そのため先々週の高速ダートから一転して、時計の掛かるコンディションとなった。メンバーのレベルが低かったので、1700mのタイム差は軒並みプラス1秒を超えていた。土日で少しだけ開きがあるのは、土曜は雨の影響がわずかに残っていたためと推測する。後半2週が乾いたダートなら時計を要する馬場と考えておきたいと思う。ただ、馬場コンディションは変わっても、上位馬の脚質はそれほど変わっていなかった。小回りダートイコール先行有利の傾向が続いている。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/02/15 (日)  芝=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1200 イサチルホープ    牡3 未勝利 1:08.9 -0.4 ± ±0 -0.4 100   C E
4R T2000 ニシノマジック    牡3 未勝利 2:01.9 +0.6 -0.9 +0.4 -0.7 96   D D
5R T1200 ヴィクタープライム    牡3 新馬 1:09.1 -0.4 ± ±0 -0.4 100   C D
6R T2600 ウインレーベン    牡4 500万下 2:40.2 +0.4 ± +1.3 -0.9 87   E D
8R T2000 ウインリバティ    牝4 500万下・牝 1:59.7 -0.2 ± +0.5 -0.7 95   D D
9R T1200 サビーナクレスタ    セ4 500万下 1:08.6 +0.1 ± +0.5 -0.4 95   D E
10R T1800 カレンバッドボーイ    牡5 脊振山特500 1:47.7 +0.6 -0.4 +0.8 -0.6 92   D D
12R T1200 ストロングロビン    牡9 帆柱山特1000 1:07.8 -0.3 ± +0.1 -0.4 99   C D

2015-02-15 (日)  ダ=+0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1700 サンウィノナ    牝3 未勝利・牝 1:49.1 +2.1 ± +1.2 +0.9 88   E D
2R D1000 サンマルヴィグラス    牡5 500万下 0:59.2 +0.7 ± +0.2 +0.5 98   C E
7R D1700 ヴレクール    牡4 500万下 1:47.2 +1.8 ± +0.9 +0.9 91   E D
11R D1700 サンバビーン    牝5 門司SH1600 1:45.1 +1.3 ± +0.4 +0.9 96   D D

         

■ワンポイントアドバイス
状態面。負けるべくして負けた人気馬
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。