Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2015/02/21 (土)
2015年1回小倉5日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒7、日曜設定不能だが、1200m対象の数値としてプラス0秒4からプラス0秒8への変動となっている。まずはここまで6日間の芝の馬場差を振り返っておくと、5日目つまり先週土曜まではマイナス0秒9からマイナス0秒7の間での推移で速めの時計が出るコンディションだったが、日曜は雨の影響を受けた。
 土曜はBコースに替わって最初の開催日という事もあって、前半2週と同じレベルで、速めの時計が出るコンディションだった。ただ、日曜は雨の影響を受け、時計の掛かるコンディションになった。特に中・長距離はかなり時計が掛かっていて、タイムランクの比較が意味のないレベルになっていて、設定不能とした。ただ、1200mについては、中・長距離ほどではなくて馬場差は出した。とは言え、こちらも時間とともに時計が掛かっており、変動にしている。4Rはプラス0秒4、8Rがプラス0秒6、12Rがプラス0秒8。なお、連対馬を見ると好位で立ち回った馬は有利。土日合わせて15鞍の内、11Rの小倉大賞典を除く14鞍で好位勢が連対していた。コース取りについては、内・外の偏りは見られなかった。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜がマイナス1秒7だった。ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、1週目と3週目はマイナス1秒台で脚抜きの良い馬場だったのに対して、2週目はプラスゾーンになっており、時計の出方は対照的。
 土曜の発表は稍重だったが、中間は月曜から木曜日まで毎日雨が降っていたためか、想像以上に脚抜きの良いコンディションだった。日曜日は朝から水の浮いた状態だったが、土曜よりもさらに高速化した。土日ともにレース中に雨が降っていたケースもいくつかあったが、馬場差に影響がなくて、変動ではない。連対馬の位置取りについては引き続き前の組が断然優勢で、中団・後方からの連対馬にしても4コーナーでは好位に上がっていて、純粋な追い込みは土日を通じて皆無だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/02/21 (土)  芝=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1200 イキオイ    牡3 未勝利 1:09.2 -0.1 ± +0.3 -0.4 97   D D
4R T2000 カゼルタ    牝3 未勝利・牝 2:00.9 -0.4 ± +0.3 -0.7 97   C D
5R T1800 ヒロフォーシーズン    牡3 未勝利 1:48.5 +0.2 ± +0.8 -0.6 92   D D
8R T1800 フェイトカラー    牝4 500万下・牝 1:48.0 +0.9 ± +1.5 -0.6 85   E D
9R T1200 アラカメジョウ    牝6 500万下 1:08.5 ±0 ± +0.4 -0.4 96   D E
10R T2000 メドウラーク    牡4 小倉城特500 1:59.9 ±0 ± +0.7 -0.7 93   D D
12R T1200 グレイングロース    牡5 合馬特別500 1:07.7 -0.8 ± -0.4 -0.4 104   B D

2015-02-21 (土)  ダ=-1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1700 トーセンラブリー    牝3 未勝利 1:47.4 +0.4 ± +1.4 -1.0 86   E D
2R D1000 テイクファイア    牡5 500万下 0:58.2 -0.3 ± +0.3 -0.6 97   D D
6R D1700 ジャストヴィークル    牡4 500万下 1:44.7 -0.7 ± +0.3 -1.0 97   C D
7R D2400 ヤマカツポセイドン    牡6 500万下 2:32.1 -2.1 ± -0.7 -1.4 107   B D
11R D1700 サンライズホーム    牡4 和布刈特1000 1:43.9 -0.7 ± +0.3 -1.0 97   C D

         

■ワンポイントアドバイス
タピットとエーピーインディ系
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。