Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2015/03/08 (日)
2015年1回阪神4日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス1秒0でスタートし、後半は設定不能。日曜がプラス1秒6だった。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、開催初日こそマイナスゾーンだったものの、2日目以降は雨の影響で時計が掛かっている。特に2日目と3日目後半は設定不能となった程に時計が掛かっていた。
 そもそも土曜の朝の時点で雨の影響が残っていて、芝で最初のレースである5Rの馬場差がプラス1秒0。その後雨が降って9R以降の3鞍は時計の比較が意味をなさないレベルで、設定不能とした。振り返って2日目にしてもそうだが、先週日曜にしても、この開催ここまでは雨が降り続くと予想以上に時計が掛かる傾向にある。そして土曜夜も阪神地域は雨だった。日曜日は雨の影響が残って、土曜5R時と比較しても時計が掛かっていた。なお、日曜の馬場差プラス1秒6は1日を通した数値。逃げ馬が3連対という結果を見れば、前に行った馬が有利に見えるが、実は差しも届いている。とは言え、外を回った差し馬がバンバン伸びてきた訳ではなくて、外差しが間に合うのはある程度展開が向いた時のみ。基本的には内目を回った馬が有利ですし、好位・中団辺りからそつのない裁きが要求される馬場。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒0からマイナス1秒7へと変動。日曜がマイナス2秒0だった。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、マイナス1秒台かマイナス2秒台でかなり速い時計の出るコンディションが続いている。
 土曜は雨の影響が残っていて、そもそも脚抜きの良いコンディションだった上に昼から雨が降って後半は一層時計が出やすくなった。土曜のレース終了後も雨は降って日曜は一層の高速馬場となった。ただ、日曜については1日を通した数値。脚質的には先行・差し混在で、目立った傾向はなかったが、後方からの差しに限ればわずかに2連対だった。差すにしても中団ぐらいにはつけていないと厳しい状況で、ただ今開催は2週連続で道悪での競馬ですから、パサパサの良馬場になると傾向が変わってくる可能性は高い。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/03/08 (日)  芝=+1.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1400 ジルダ    牝3 500万下 1:23.4 +1.2 ± +0.1 +1.1 99   C C
7R T1600 エイシンエルヴィン    牡4 500万下 1:35.9 +1.3 ± ±0 +1.3 100   C C
8R T1200 サトノデプロマット    牡5 1000万下 1:09.4 +0.5 ± -0.5 +1.0 105   B D
9R T1800 マサハヤドリーム    牡3 アルメリ500 1:49.7 +2.1 ± +0.7 +1.4 93   D C
11R T1800 ヒストリカル    牡6 大阪城SH 1:48.1 +2.9 ± +1.5 +1.4 85   E D

2015-03-08 (日)  ダ=-2.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 マダムウルル    牝3 未勝利・牝 1:53.0 -1.6 ± +0.4 -2.0 96   D D
2R D1200 メラグラーナ    牝3 未勝利 1:12.1 -1.2 ± +0.1 -1.3 99   C E
3R D1800 ダノングッド    牡3 未勝利 1:52.3 -2.3 ± -0.3 -2.0 103   C D
4R D1400 アドマイヤリバティ    牡3 未勝利 1:24.1 -2.0 ± -0.4 -1.6 104   B C
6R D1800 ウエスタンパレード    牡4 500万下 1:52.0 -1.1 ± +0.9 -2.0 91   E D
10R D1400 ニシケンモノノフ    牡4 ポラリスH 1:21.5 -1.3 ± +0.3 -1.6 97   D D
12R D1200 メイショウロフウ    牡5 1000万下 1:10.1 -1.6 ± -0.3 -1.3 103   B C

         

■ワンポイントアドバイス
阪神の芝は内有利
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。