Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2015/03/21 (土)
2015年2回中山7日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス0秒8だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておく。2日目後半から4日目までは雨の影響で時計が掛かったが、後半2週はマイナスの馬場差で特に先週日曜は時計が出やすくなった。
 土曜は雨の影響が残って開催3週目より若干時計が掛かっていたが、乾いた日曜は一気に時計が出やすくなって、開催初日と同レベルの時計の出やすいコンディションになった。このように土日の時計の出方は異なったが、先々週と比較すると土日ともに内を立ち回った馬の上位進出が目についた。今週ももう1週Aコースが使用されて、その後Bコースに替わる。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒6、日曜がマイナス0秒4。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がマイナス0秒6だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておく。1800mは週によってあるいは開催日によって時計の出方が異なり、安定していない。先週の土曜はこの開催では最も時計の出やすいレベルだった。1200mは全てマイナスの馬場差で、こちらも先週の土曜はこの開催で最も速い時計の出るレベルになった。
 木曜日に降った雨の影響が残って速い時計の出るコンディションになった。土曜は稍重、日曜は稍重から良へと変化したが、どちらも馬場差は変動ではない。また、1800mでは稍重や良であっても、重馬場だった2週目より速い時計が出ているので、その点は要注意。あと1・2着馬の多くは4コーナー3番手以内。特に日曜日は前残り傾向が強かったが、先週の土曜と日曜で前が残りやすいとか、差しやすいといった違いはなかったはず。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/03/21 (土)  芝=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T1800 エバーシャルマン    牝3 未勝利・牝 1:50.5 +0.8 -0.3 +0.8 -0.3 92   D C
5R T1600 マンゴジェリー    牡3 未勝利 1:35.4 -0.6 ± -0.4 -0.2 104   B D
9R T1600 アンブリッジ    牡5 鎌ケ谷H1000 1:34.7 +0.3 ± +0.5 -0.2 95   D C
11R T1800 アルビアーノ    牝3 フラワーG3 1:49.4 +1.3 -0.5 +1.1 -0.3 89   S D

2015-03-21 (土)  ダ=-0.6 / 1200m=-0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 ナスカザン    牝3 未勝利・牝 1:57.5 +1.8 -0.4 +2.0 -0.2 80   E D
2R D1200 アウリン    牡3 未勝利 1:12.1 -0.8 ± +0.1 -0.9 99   C D
3R D1800 カズノテナンゴ    牡3 未勝利 1:54.7 -1.0 ± -0.4 -0.6 104   B D
6R D1800 タマノブリュネット    牝3 500万下 1:53.8 -0.9 ± -0.3 -0.6 103   C C
7R D1200 ハルズハッピー    牡5 500万下 1:11.2 -0.7 ± +0.2 -0.9 98   C D
8R D1800 ヴィルトグラーフ    セ5 500万下 1:54.7 +0.7 -0.3 +1.0 -0.3 90   S D
10R D1800 ダノンバトゥーラ    牡4 韓国馬事1600 1:52.6 +0.2 ± +0.8 -0.6 92   D C
12R D2400 アルディエス    牡6 1000万下 2:35.4 +0.4 ± +1.2 -0.8 88   E D

         

■ワンポイントアドバイス
藤岡康太騎手に注目
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。