Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2015/03/21 (土)
2015年2回中京3日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス1秒1、日曜がプラス0秒5だった。まずはここまで4日間の芝の馬場差を振り返っておくと、全てプラスの数値で3日目は雨の影響が残り、他の日と比較しても時計が掛かった。
 中山や阪神と同じく、土曜の方が雨の影響が残って日曜は乾いて水準レベルに近づいた。ただ、日曜にしてもプラス0秒5という馬場差が示すように時計は掛かっている。のめっていたというコメントが結構聞かれた。特に3コーナーぐらいがかなり悪いという事だったので、その声は日曜になっても変わらなかった事を思うと、日曜は良馬場発表だが、土日とも実質道悪だったと見るべきだろう。脚質的には土日9鞍で逃げ馬が5連対した。前回の番組で外差しが届く兆しが見え始めていたと話したが、結局劇的な変化はなくて、伸びてくるのは馬場の4分どころを通った中団追走の差し馬だった。世襲は馬場そのものがかなり重く、前に行った馬も止まっているが、後ろの馬も伸びてこないといったレースが多かった。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒1からマイナス0秒6へと変動、日曜がマイナス0秒4だった。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、1週目はやや時計の掛かるコンディションだったが、先週は雨の影響で時計が出やすくなった。
 土曜の3Rまでは雨の影響が大きく残って、脚抜きの良いコンディションだった。8R以降は乾いて馬場差は水準方向へと近づいて行った。日曜は土曜よりもやや乾いて、1日を通した数値になる。脚質的には土日とも午前中のレースは前めにつけた馬が活躍していて、こういう傾向だとズバリ言い切れないが、下級条件だと前残りが多めで、差して来るにしても4コーナーでは良い位置に居ないと厳しい状況だった。そして1000万下とか1600万下、この2鞍は差しも届いていた。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/03/21 (土)  芝=+1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
6R T1200 テイクウォーニング    牝3 未勝利 1:11.2 +0.6 ± -0.1 +0.7 101   C C
7R T2000 パワーウーマン    牝3 未勝利・牝 2:05.3 +2.1 ± +1.0 +1.1 90   E D
10R T2200 サウンドメモリー    牡4 熊野特別500 2:17.5 +2.1 -0.9 ±0 +1.2 100   C B
11R T1400 タガノアザガル    牡3 ファルコG3 1:22.9 +1.0 ± +0.2 +0.8 98   C C

2015-03-21 (土)  ダ=-1.1 → -0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 トミケンシャルゴー    牡3 未勝利 1:54.7 -0.3 ± +0.8 -1.1 92   D D
2R D1400 ラインシュナイダー    牡3 未勝利 1:25.4 -1.0 ± -0.1 -0.9 101   C C
3R D1200 プレフェリート    牡4 500万下 1:12.1 -0.4 ± +0.3 -0.7 97   D D
8R D1800 アグネスユニコーン    牡4 500万下 1:54.2 +0.6 ± +1.4 -0.8 86   E D
9R D1400 ハッピーチャート    牝5 500万下・牝 1:25.2 ±0 ± +0.6 -0.6 94   D E
12R D1900 ナムララオウ    牡5 伊勢特H1000 2:00.5 +1.0 ± +1.8 -0.8 82   E C

         

■ワンポイントアドバイス
藤岡康太騎手に注目
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。