Victory Road

巨乳のサンプル動画が見放題!

2015/03/29 (日)
2015年2回中京6日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒7、日曜がマイナス0秒7からマイナス0秒4へと変動した。まずはここまで6日間の芝の馬場差を振り返っておくと、4日目まではプラスの馬場差で、特に3日目は時計が掛かっていた。しかし、先週は一転してマイナスの数値になった。
 中京も土曜は雨の影響を受けないで、馬場は乾いて速めの時計が出るコンディションだった。日曜は雨の影響を受けたが、阪神芝のように一気に悪化する事はなかった。変動の幅も大きくはない。土曜は1200mにしてはゆったり流れて8Rこそ前残りだったが、12Rのように平均ペースのマイルでは差しが届いた。日曜の岡崎特別のように、ハイペースの1200mでは完全に差しの競馬になっている。前の2週よりはインが良くない馬場状態だったと言えると思う。日曜は開催が進むにつれてインが壊滅して、高松宮記念では一番伸びる馬場の真ん中を先行馬が選んだ。馬場差はそれほど変わらなかったが、内・外の差は大きく変わった1日だと言えるかもしれない。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がプラスマイナスゼロからマイナス0秒7へと変動した。ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、1週目はやや時計が掛かるコンディションで、3日目は一転してマイナスゾーン。その後4日目・5日目と時計が掛かって行ったが、日曜は再び雨の影響を受けた。
 最終週の先週はプラスマイナスゼロから日曜は雨の影響で時計の出やすいコンディションになって行った。日曜の朝は土曜と同じプラスマイナスゼロだが、1800m換算の数値で12R時点でマイナス0秒7と時計が出やすくなった。なお、土曜は総じて前めに位置した馬が残っている。日曜も全てのレースで逃げ馬か先行馬が粘っているが、連対する相手としては差し馬も絡んで来ていた。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/03/29 (日)  芝=-0.7 → -0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1400 アドマイヤスカイ    牡3 未勝利 1:22.7 -0.5 ± ±0 -0.5 100   C D
4R T2000 ラブアポロン    牡3 未勝利 2:04.2 +1.0 -0.9 +0.8 -0.7 92   D D
7R T2000 ビップレボルシオン    牡4 500万下 2:01.5 -0.5 ± +0.1 -0.6 99   C D
9R T1200 ビッグアーサー    牡4 岡崎特H1000 1:08.6 -0.9 ± -0.6 -0.3 106 B C
10R T2200 リベルタス    牡7 名古屋城1600 2:15.2 +1.2 -0.5 +1.1 -0.4 89   S C
11R T1200 エアロヴェロシティ    セ7 高松宮記G1 1:08.5 ±0 ± +0.2 -0.2 98   C C

2015-03-29 (日)  ダ=±0 → -0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 ハクサンエルモ    牝3 未勝利・牝 1:14.1 +0.7 ± +0.7 ±0 93   D D
2R D1800 ビクトリーミノル    牡3 未勝利 1:55.6 +0.6 ± +0.6 ±0 94   D C
5R D1800 オリハルコン    牡4 500万下 1:54.9 +1.3 -0.6 +0.8 +0.5 92   D D
6R D1200 キープレイヤー    牝4 500万下・牝 1:12.7 +0.2 ± +0.3 -0.1 97   D D
8R D1400 ナムライチバンボシ    牡5 500万下 1:25.1 -0.1 ± +0.2 -0.3 98   C D
12R D1400 チャーリーブレイヴ    セ5 鈴鹿特別1000 1:24.0 -0.5 ± ±0 -0.5 100   C D

         

■ワンポイントアドバイス
中京芝で前へ行った馬を狙う2015
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。