Victory Road

DMM.make DISPLAY

2015/03/29 (日)
2015年2回阪神2日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がプラス1秒1からプラス1秒8へと変動した。阪神も連続開催でしたので、ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響で時計の掛かるコンディションになる日が多くなっている。前開催最終日、そして先週土曜と水準レベルになってきたが、日曜は雨の影響で再び時計が掛かった。
 土曜は馬場が乾いて水準の馬場差だった。ただ、日曜は朝から雨が降って、芝で最初のレースである5R時点で馬場差はプラス1秒1。その後さらに掛かって行って9R以降はプラス1秒8となった。ただ、Aコース使用5週目で雨の影響を受けたからと言って、外差しが目立つという訳ではない。むしろ日曜後半は内を突いた馬の上位進出が目についた。ただ、今週からBコースに替わる。時計の出方も傾向も、先週までとは変わってくるかもしれない。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜はマイナス0秒4からマイナス1秒0へと変動した。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値だが、時計の出方は安定していない。先週は土曜は乾いたコンディションで水準に近く、この春の阪神ダートでは最も時計が掛かっていた。
 ダートも土曜はほぼ水準レベル。日曜は雨が降り続いて、午前より午後の方が時計は出やすくなった。ただ、阪神は終盤は既に雨は降っていない。8R以降1800m換算の馬場差は同じ1秒0と。連対馬の脚質は特に強調する事もないが、土曜のコース取りについては内を通った馬が活躍していた。たまたまなのか、乾いたコンディションなら引き続き同じような傾向になるのか、今週以降も注意しておきたいと思う。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/03/29 (日)  芝=+1.1 → +1.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1800 ウェスタールンド    牡3 未勝利 1:49.7 +1.3 ± +0.3 +1.0 97   C D
7R T2000 マイネルフレスコ    牡4 500万下 2:03.5 +2.6 ± +1.1 +1.5 89   E D
9R T2000 リラヴァティ    牝4 四国新聞1000 2:04.2 +4.0 -0.9 +1.3 +1.8 87   S D
10R T1400 ピークトラム    牡4 心斎橋H1600 1:22.0 +1.0 ± -0.3 +1.3 103   B C
11R T1600 テイエムタイホー    牡6 六甲S 1:34.7 +1.9 -0.3 +0.2 +1.4 98   C D

2015-03-29 (日)  ダ=-0.4 → -1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 エーティーロゼッタ    牝3 未勝利・牝 1:54.9 +0.3 ± +0.7 -0.4 93   D E
2R D1200 レモンイエロー    牝3 未勝利 1:13.4 +0.1 ± +0.4 -0.3 96   D D
3R D1800 オースミラナキラ    牡3 未勝利 1:53.7 -0.9 ± -0.3 -0.6 103   C D
4R D1400 タイガーボス    牡3 未勝利 1:26.0 -0.1 ± +0.4 -0.5 96   D D
6R D1200 キタサンサジン    牡3 500万下 1:11.8 -0.8 ± -0.2 -0.6 102   C C
8R D1400 ベック    牡4 500万下 1:24.7 -0.2 ± +0.6 -0.8 94   D D
12R D1800 エノラブエナ    牡4 1000万下 1:51.7 -0.6 ± +0.4 -1.0 96   D D

         

■ワンポイントアドバイス
中京芝で前へ行った馬を狙う2015
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。