Victory Road

DMM.make DISPLAY

2015/04/05 (日)
2015年3回中山4日目

■馬場コメント
 先週の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒6、日曜がマイナス1秒2からマイナス0秒7へと変動した。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値。前開催最終日から速めの時計が出るコンディションとなり、この開催に入ってマイナス1秒台の高速馬場となった。
 前回も言ったが、春の中山芝というのはちょっと特殊で、連続開催の前半で雨の影響を受けても後半また高速化するという事は珍しくない。ここ2週もそうで、先週からBコースに替わって一層速い時計が出るコンディションになった。また、日曜は雨が降り続いて土曜よりも時計が掛かって、1日の中では後の方が時計が掛かっていった。とは言え、マイナスゾーンではありましたし、後で解説する阪神芝のような道悪にはならなかった。今週も乾いていれば、高速馬場だろう。連対馬の脚質を見ると土曜は偏りがない。日曜については、逃げ・先行馬の連対がなかった。コース替わりの週だからと言って、前の馬とか内の馬が有利という事はなかった。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒6、日曜がプラス0秒2からマイナス0秒2へと変動。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒4、日曜がマイナス0秒5からマイナス0秒7へと変動した。まずここまで8日間の馬場差を振り返っておく。1800mは同じ週でも土日で同じ数値になった事はなく、安定はしていない。ただ、水準に近いレベルから大きく逸れてもいない。一方1200mは全てマイナスの数値で、速めの時計が出るコンディションだが、この開催1週目については水準に近く、この春の中山では時計が掛かっていた。
 まず1800mは土曜は強風の影響を受けて、やや時計が掛かっていた。日曜は雨が降り続いて後半のレースの方が時計が出やすくなったが、大きく変化したという程ではない。1200mはさらにその幅が小さかった。連対馬の脚質を見ると目立った偏りはない。ただ、好位勢が13鞍中10鞍で絡んでいた。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/04/05 (日)  芝=-1.2 → -0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T2000 ゴールデンハープ    牝3 未勝利・牝 2:02.8 -0.1 -0.3 +0.8 -1.2 92   D D
6R T1600 サトノアッシュ    牡3 500万下 1:34.5 -0.8 ± +0.1 -0.9 99   C D
8R T2000 マローブルー    牝4 500万下 1:59.4 -2.2 ± -1.2 -1.0 112 A C
9R T1200 サンブルエミューズ    牝5 千葉日報1000 1:08.9 +0.1 -0.4 +0.2 -0.5 98   C D
11R T1600 モーリス    牡4 ダービーHG3 1:32.2 -1.0 -0.2 -0.6 -0.6 106 B C

2015-04-05 (日)  ダ=+0.2 → -0.2 / 1200m=-0.5 → -0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 オトメチャン    牝3 未勝利・牝 1:55.6 -0.1 ± -0.3 +0.2 103   C D
2R D1200 ハーランズロマン    牝3 未勝利 1:12.6 -0.3 ± +0.2 -0.5 98   C D
3R D1800 ドラゴンブルース    牡3 未勝利 1:57.1 +1.4 ± +1.3 +0.1 87   E D
7R D1800 ロンギングエース    牡5 500万下 1:54.2 +0.2 ± +0.2 ±0 98   C D
10R D1800 クロスクリーガー    牡3 伏竜S 1:53.0 -0.7 ± -0.5 -0.2 105   B B
12R D1200 チュウワベイビー    牝4 1000万下 1:11.5 +0.2 ± +0.9 -0.7 91   E D

         

■ワンポイントアドバイス
桜花賞・皐月賞の展望
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。