Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2015/04/05 (日)
2015年2回阪神4日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒6からプラス0秒3へと変動、日曜がプラス2秒0でスタートし8R以降設定不能となった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響を受けた日が多く、ほとんどはプラスの数値で時計の掛かるコンディション。プラスゾーンではなかったこの開催初日にしても、プラスマイナスゼロですから速い時計の出るコンディションではなかった。
 阪神地域は金曜昼から断続的に雨が降って、土曜は稍重でスタートだった。また、土曜にレースが行われている間は雨が降らずに、後半乾いていくらか時計は出やすくなった。馬場差も水準方向に近づいた。従って土曜の馬場差は変動。その後土曜深夜からまたも雨。日曜日芝で最初のレースだった4R時点では雨は降っていなかったが、重馬場発表で2000m対象の馬場差がプラス2秒0とかなり時計の掛かるレベルだった。さらに昼過ぎから雨足が強くなって、終盤は不良馬場。8R以降の3鞍の馬場差は設定不能とした。連対馬の脚質を見ると、中団・後方からの差し馬が絡まなかったのは、芝の最初のレースだった土曜3Rだけ。特に日曜になると8R2着のエイシンハドソンを除けば、全て中団・後方からの差し馬だった。先週からBコースに替わったが、やはり雨の影響がすごく大きかったと言える。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒3、日曜はマイナス2秒2からマイナス2秒5へと変動した。ここまで8日かの馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値。この開催に入って、初日は水準に近い数値だったが、開催が進むとともに雨の影響を強く受けて時計が出やすくなっている。
 土曜は金曜昼からの雨の影響を受けて脚抜きが良く、速い時計の出るコンディションだった。日曜については雨が降り続いた割に変動の幅は小さいが、これについてはちょっと補足する必要がある。まず午前中は雨が降っていない時間帯があったり、降っていても強くはなかったりで、マイナス2秒2の馬場差となった。昼過ぎから雨足が強くなったが、既に水が浮いている状態で、もうあまり速くはならなかった。連対馬の脚質を見ると特に日曜は前へ行った馬の粘り込みが目についた。7鞍中逃げ馬が5鞍で連対。先行馬が3鞍で連対した。脚抜きの良い馬場が必ずしも逃げ・先行馬に有利という事ではないが、先週日曜日のように水が浮くような状態になるとかなり特殊なコンディションになっていたという風に考えられると思う。だから逃げ馬を買えばよいという競馬だったとは思うが、ただ、何が逃げるのか見極めが難しいレースが多かった。本当に荒れたが難しい競馬だった。しかも逃げ馬の直後にいた先行馬が直線バテてしまって、差し・追い込み馬が、逃げ馬+差し・追い込み馬という競馬が結構多かった。これを買うのはちょっと至難の技だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/04/05 (日)  芝=+2.0 → +100
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T1600 テルメディカラカラ    牝3 未勝利 1:38.0 +2.4 ± +0.8 +1.6 92   D C
6R T2200 エアマチュール    牝4 500万下 2:16.5 +2.3 ± -0.3 +2.6 103   C D
8R T2000 エイシンエルヴィン    牡4 1000万下 2:03.3 +3.1 ± -- --   - C
10R T1400 フミノムーン    牡3 マーガレ 1:23.3 +1.7 ± -- -- - D
11R T2000 ラキシス    牝5 産経大阪G2 2:02.9 +4.1 ± -- --   - B

2015-04-05 (日)  ダ=-2.2 → -2.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 ウォーターメアヌイ    牝3 未勝利・牝 1:11.9 -1.4 ± +0.1 -1.5 99   C D
2R D1800 メイショウヤギリ    牡3 未勝利 1:51.6 -3.0 ± -0.8 -2.2 108   B D
3R D1400 ゴーントレット    牡3 未勝利 1:24.8 -1.3 ± +0.4 -1.7 96   D D
5R D1800 ニホンピロサンダー    牡3 500万下 1:51.4 -2.3 ± ±0 -2.3 100   C D
7R D1800 マコトグロズヌイ    牡4 500万下 1:51.4 -1.7 -0.6 +0.2 -1.9 98   C C
9R D1400 ヒラボクプリンス    牡5 鳴門S1600 1:22.7 -0.8 ± +1.1 -1.9 89   E C
12R D1200 サンライズネガノ    牡5 1000万下 1:10.0 -1.7 ± ±0 -1.7 100   C C

         

■ワンポイントアドバイス
桜花賞・皐月賞の展望
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。