Victory Road

アダルト動画

2015/04/19 (日)
2015年2回阪神8日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒5、日曜がマイナス0秒3だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、2日目から6日目まで全てプラスの数値で、設定不能としたケースもあったが、先週は土日ともにマイナスの数値だった。
 週の前半に雨は降ったが、後半は乾いたため土曜はマイナス0秒5。連続開催の最終週にして最も時計が出やすくなったが、中山のような高速馬場ではない。また、日曜は雨が降った事もあり、土曜と比較すればやや時計は掛かったものの、大きな差ではなかった。これまでの週なら、雨が降ると一気に時計が掛かったりしたが、先週日曜はそんな事はなく、また馬場差は1日を通した数値。ただ、使い込まれた馬場だけに脚質を見ると土日を通じて逃げて連対した馬はゼロだった。先行でも土曜11R1着のサトノキングリーだけだった。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒7、日曜がマイナス0秒5だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値だが、初日は水準に近いレベル。一方2週目・3週目、特に4日目・5日目はかなり速い時計の出るコンディションだった。
 ダートは土曜については週前半の雨が残っていて、稍重でスタート。2週目・3週目のような高速馬場ではないにしても、速めの時計が出るコンディションだったと言えると思う。なお、途中で良馬場に変更されたが馬場差は1日を通した数値。日曜は土曜と比較すれば乾いて、いくらか水準に近づいた。朝の雨で脚抜きが良くなるというような事はなかった。連対馬の脚質を見ると、土曜は7鞍中6鞍で逃げ馬が連対。ただ、差しが効かないという事もなかった。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/04/19 (日)  芝=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T2000 グランディフローラ    牝3 未勝利・牝 2:02.9 +0.7 -0.4 +0.6 -0.3 94   D D
5R T2400 チャパラ    牡3 未勝利 2:28.7 ±0 ± +0.4 -0.4 96   C D
6R T1400 トウショウピスト    牡3 500万下 1:22.3 +0.1 ± +0.3 -0.2 97   D C
8R T1800 サイモンラムセス    牡5 500万下 1:47.0 -0.3 ± ±0 -0.3 100   C C
9R T1200 ティーハーフ    牡5 千種川特1000 1:08.6 -0.3 ± -0.1 -0.2 101   C D
11R T1800 タガノエトワール    牝4 難波SH1600 1:46.4 +0.5 ± +0.8 -0.3 92   D D

2015-04-19 (日)  ダ=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 ティンバレス    牝3 未勝利・牝 1:54.3 -0.3 ± +0.2 -0.5 98   C D
2R D1200 ナムラヒューマン    牡3 未勝利 1:12.9 -0.4 ± -0.1 -0.3 101   C C
3R D1800 アセイラント    牡3 未勝利 1:54.7 +0.1 ± +0.6 -0.5 94   D D
7R D1400 テーオーレイチェル    牝5 500万下・牝 1:24.8 -0.1 ± +0.3 -0.4 97   D D
10R D1200 アメージングタクト    牡5 陽春S1600 1:10.8 -0.3 ± ±0 -0.3 100   C C
12R D2000 ヨヨギマック    牡4 1000万下 2:05.3 -0.3 ± +0.3 -0.6 97   C D

         

■ワンポイントアドバイス
前走、2回中京3週目芝 4コーナー4番手以内のデータ
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。