Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2015/04/25 (土)
2015年2回東京1日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒8だった。
 4月の上旬に雨の日が多くて、また気温も低い状態が続いていたために、芝の生育が心配されたが、その後に気温が上がってさらに肥料散布などを行った事もあって、昨年の2回東京開幕週に近い良好な状態でスタートした。馬場差は土日を通して同じ数値で、水準よりは速いが京都のように極端に速くはなくて、ほど良い速さといった状態。土曜午後に通り雨があったが、時計の出方に影響を及ぼすほどではなかった。超スローペースのフローラSは内枠から前へ位置した馬の決着となって、枠順の差が出た形だが、これ以外は脚質・枠順などの偏りもなくて、全ての勝ち馬が差しきりだった土曜の5鞍を含めて、外からの差し・追い込みが決まっていた。なお、2回東京はトータル6週の開催で、3週目まではAコース、4週目・5週目はBコース。最終週のダービーウィークはCコースが使用される。また2回開催の後引き続き3回開催が行われて、東京は10週間連続の開催となる。
ダート
 先週馬場差1600m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がプラスマイナスゼロだった。
 火曜以降に雨が降らずかなり乾燥した状態だった。ただ、それでも砂質が重いという事はなくて、土日を通してほぼ水準だった。土曜後半と日曜は向正面で向かい風となる強い風が吹いていたが、全体的に時計の出方に大きな影響はなかったと思う。日曜が0秒1速くなったのは、土曜の通り雨と散水の影響と見ている。脚質的には前に行っても粘れて、差しも決まる公平なものだった。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/04/25 (土)  芝=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T2000 キャンベルジュニア    牡3 未勝利 2:02.0 +0.1 -0.7 +0.2 -0.8 98   C D
7R T2000 サーストンコラルド    牡4 500万下 2:00.8 ±0 -0.7 +0.1 -0.8 99   C D
9R T2300 マッサビエル    牡3 新緑賞500 2:21.6 +0.5 -1.0 +0.4 -0.9 96   C D
11R T2400 ムスカテール    牡7 メトロポH 2:24.8 ±0 ± +1.0 -1.0 90   E D
12R T1400 アンジェリック    牝4 1000万下・牝 1:21.5 -0.2 -0.1 +0.3 -0.6 97   D D

2015-04-25 (土)  ダ=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 ゼンザイ    牝3 未勝利・牝 1:26.5 +0.5 ± +0.4 +0.1 96   D E
2R D1300 スールキートス    牝3 未勝利 1:20.5 +1.2 ± +1.1 +0.1 89   E D
3R D1600 ベルウッドケルン    牡3 未勝利 1:39.1 -0.1 ± -0.2 +0.1 102   C D
4R D2100 トラキアンコード    セ3 未勝利 2:15.9 +2.2 -1.0 +1.1 +1.1 89   S E
6R D1600 ノボバカラ    牡3 500万下 1:38.7 +0.4 -0.4 -0.1 +0.5 101   C C
8R D1600 レイヨンヴェール    牝4 500万下・牝 1:38.0 ±0 ± -0.1 +0.1 101   C E
10R D1400 カーティスバローズ    牡5 鎌倉S1600 1:24.5 +1.0 ± +0.9 +0.1 91   E C

         

■ワンポイントアドバイス
混沌としてきたオークス戦線
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。