Victory Road

DMM.make DISPLAY

2015/04/26 (日)
2015年1回福島6日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒7だった。まずはここまで6日間の芝の馬場差を振り返っておく。3日目までは雨や風の影響でやや時計が掛かるか、水準レベルだったが4日目以降の馬場差は全てマイナス0秒7で速めの時計が出るコンディションだった。
 開催3週目になったがBコースに替わった上に、雨の影響もなくて4日目と同じ馬場差で、速めの時計が出るレベルだった。連対馬の脚質を見ると、開幕週と比較すれば前へ行った馬・内を立ち回った馬は目立たなかったが、それでもどちらかと言えば、内優勢といった感じはあった。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土日ともにプラス0秒3だった。ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、1週目は雨の影響を受けて馬場差はマイナスゾーンで特に初日は終日速い時計の出るコンディションだった。ただ3日目以降はプラスになり、いくらか時計の掛かるレベルで安定していた。
 水曜以降は雨が降らなくて、土日とも完全な良馬場。馬場差も良馬場だった4日目と同じだった。1150mでは逃げ・先行馬の好走が多かったのに対して、1700m以上では差し馬の好走が目立っていたが、恐らく先行有利という意識が強すぎたためか、先行争いが激しくなって、ハイペースというレースが多かったからだと思う。差しやすいとか先行馬が止まりやすい、そういった馬場ではない。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/04/26 (日)  芝=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1200 クラウンテイラー    牡3 未勝利 1:10.3 +0.4 ± +0.8 -0.4 92   E D
5R T2600 マスタープラマー    牡3 未勝利 2:40.7 -1.5 ± -0.6 -0.9 106   B E
6R T1200 イワヌガハナ    セ3 未勝利 1:09.3 -0.6 ± -0.2 -0.4 102   C D
10R T2000 キネオダンサー    牝4 桑折特別500 1:59.9 -0.7 ± ±0 -0.7 100   C D
11R T1200 ローズミラクル    牡5 福島中央1000 1:08.3 -0.5 ± -0.1 -0.4 101   C D
12R T1800 ショウナンマルシェ    牡4 川俣特別500 1:48.0 +0.1 -0.4 +0.3 -0.6 97   C D

2015-04-26 (日)  ダ=+0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1150 プリンセスロック    牝3 未勝利・牝 1:09.9 +0.6 ± +0.4 +0.2 96   D D
3R D1700 テイケイネクサス    牡3 未勝利 1:48.3 +1.0 ± +0.7 +0.3 93   D D
7R D2400 ニホンピロバロン    牡5 500万下 2:36.8 +2.1 ± +1.7 +0.4 83   E D
8R D1150 プロファウンド    牡4 500万下・若 1:08.5 ±0 ± -0.2 +0.2 102   C D
9R D1700 アイアイエンデバー    牡6 500万下 1:47.3 +1.3 ± +1.0 +0.3 90   E D

         

■ワンポイントアドバイス
混沌としてきたオークス戦線
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。