Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2015/05/03 (日)
2015年3回京都5日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス2秒0だった。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、開幕週がマイナス1秒9、先週がマイナス2秒0でかなり速い時計の出るコンディションになっている。
 東京同様に中間雨が降らなくて好天が続いた。土曜日は30度まで気温が上がって、下の野芝が生育されて、絶好の状態。開幕週と同じ高速馬場で、馬場差はマイナス2秒台に乗ってきた。ここまで速いと硬い芝を想像しがちだが、騎乗したジョッキーは硬いわけではないと話している。脚質的には1週目と比較して差しがよく決まっていた印象があった。なお、3回京都は6週間の開催で今週もう1週Cコースが使用されて、後半3週はDコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がプラス0秒2だった。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、全て良馬場だが、開幕週がマイナス0秒5だったのに対し、先週は水準に近いレベルとは言え、プラスゾーンだった。
 こちらも東京と同様。雨が降らなかったために砂が乾ききった状態だった。開幕週は水準よりも速かったが、先週は土日ともにプラスゾーンに突入して散水を行っても乾く、そういった繰り返しだった。先行有利の京都にしては、1週目よりも差し・追い込み勢の台頭が目立っていたのも、乾いた馬場コンディションと無関係ではないと思う。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/05/03 (日)  芝=-2.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1200 ポップオーヴァー    牝3 未勝利 1:08.8 -1.0 ± +0.2 -1.2 98   C D
4R T2000 サウンドバーニング    牡3 未勝利 2:02.6 +0.8 -1.1 +1.7 -2.0 83   S C
6R T1200 ポルボローネ    牝3 500万下 1:08.3 -0.9 ± +0.3 -1.2 97   D D
8R T1400 メイショウライナー    牡5 鷹ケ峰特1000 1:20.7 -0.6 -0.3 +0.5 -1.4 95   D C
9R T1800 アドマイヤシーマ    牝4 糺の森特1000 1:45.7 -1.0 ± +0.8 -1.8 92   D D
11R T3200 ゴールドシップ    牡6 天皇賞春G1 3:14.7 -1.7 -0.6 +0.9 -3.2 91   D C

2015-05-03 (日)  ダ=+0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 マートンパーク    牝3 未勝利・牝 1:13.0 +0.3 ± +0.2 +0.1 98   C C
2R D1800 アースシンフォニー    牡3 未勝利 1:54.4 +0.5 ± +0.3 +0.2 97   C D
5R D1200 ナムラヒューマン    牡3 500万下 1:12.4 +0.4 ± +0.3 +0.1 97   D C
7R D1800 メイショウブーケ    牝4 500万下・牝 1:52.7 +0.1 ± -0.1 +0.2 101   C E
10R D1400 ホワイトフーガ    牝3 端午S 1:23.3 -0.4 ± -0.6 +0.2 106   B B
12R D1400 メイショウオセアン    牡4 高瀬川H1600 1:23.8 +0.7 ± +0.5 +0.2 95   D D

         

■ワンポイントアドバイス
種牡馬ステイゴールドの凄さ
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。