Victory Road

巨乳のサンプル動画が見放題!

2015/05/16 (土)
2015年3回京都7日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒4、日曜がマイナス1秒0だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、7日目以外はマイナス1秒台かマイナス2秒台でかなり速い時計の出るコンディションだった。
 京都も先週からコース設定が替わってDコースになったが、土曜は金曜深夜からの雨の影響が残って、この開催の中では時計が掛かった。しかしながら、日曜は乾いてマイナス1秒0だった。なお、土日とも馬場発表は途中で変更されたが、馬場差は1日を通した数値。あと、脚質的には先行・好位組が活躍した。差して来るにしても、中団ぐらいにはつけていないと厳しい状況だった。ちなみに後方からの差し馬の連対はゼロだった。加えて馬場の内側が特に荒れている感じはなくて、外を回るくらいならまだ内を回る選択を選んだ方がベストだと思う。馬場の2・3分どころが一番良さそう。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス2秒0からマイナス1秒7へと変動、日曜はマイナス1秒0からマイナス0秒6へと変動した。まずここまで8日間の馬場差を振り返っておく。1週目がマイナス0秒5、その後2週目・3週目は水準レベルだったが、先週特に土曜は時計が出やすくなった。
 雨の影響が残って、とりわけ土曜は脚抜きの良いコンディションだった。土日ともに後半の方が乾いて、前半より水準方向に近づいていった。土日を通じて見ても、土曜の午前が最も時計が出やすくて、高速レベルで日曜終盤へ向けて水準に近づいて行った。脚質的には土曜の午前は前めにつけた馬が圧倒的に有利だったが、馬場が乾くにつれ差しも届くようになっていった。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/05/16 (土)  芝=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T1400 ウインベントゥーラ    牡3 未勝利 1:22.2 -0.3 ± ±0 -0.3 100   C D
5R T1800 アルパーシャン    牡3 未勝利 1:48.6 +0.2 ± +0.6 -0.4 94   D D
7R T1600 ベステンダンク    牡3 500万下 1:34.7 +0.2 ± +0.5 -0.3 95   D D
9R T2400 ダノンマックイン    牡7 白川特H1000 2:28.5 +2.4 -1.0 +1.9 -0.5 81   S D
10R T1200 ティーハーフ    牡5 彦根S1600 1:09.0 +0.7 -0.2 +0.7 -0.2 93 D C
11R T1800 エイシンヒカリ    牡4 都大路S 1:45.7 +0.4 ± +0.8 -0.4 92 D D

2015-05-16 (土)  ダ=-2.0 → -1.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 テイエムジョウネツ    牝3 未勝利・牝 1:52.3 -1.6 ± +0.4 -2.0 96   D D
2R D1400 モーニン    牡3 未勝利 1:23.4 -2.1 ± -0.5 -1.6 105   B D
3R D1200 サンマルメジャール    牝3 未勝利・牝 1:11.6 -1.1 ± +0.2 -1.3 98   C D
6R D1200 タキオンレディー    牝3 500万下 1:11.1 -0.9 ± +0.4 -1.3 96   D C
8R D1900 アグネスユニコーン    牡4 500万下 1:57.3 -1.9 ± ±0 -1.9 100   C C
12R D1800 サンライズバロン    牡5 1000万下 1:49.5 -2.3 -0.2 -0.8 -1.5 108   B D

         

■ワンポイントアドバイス
東京は得意。クリストフ・ルメール騎手
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。