Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2015/06/06 (土)
2015年3回阪神1日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒5からマイナス0秒8へと変動、日曜がマイナス1秒2だった。
 阪神地域は水曜と金曜にまとまった雨が降った。特に金曜の雨の影響が残って、土曜の芝は稍重でスタート。ただ、芝で最初のレースの4Rが終わって、良馬場に変更されたように、馬場は乾いて行って後半は時計が出やすくなって行った。日曜は土曜終盤よりもさらに時計が出やすくなって、開幕週らしい高速馬場に入るほど。昨年の3回開催の開幕週がマイナス1秒3だったので、ほぼ同じレベルになったと見て良いだろう。連対馬の脚質を見ると、中団・後方から差し馬が優勢だった。逃げ・先行馬がダメだった訳ではないが、開幕週だから前有利という事はなかったですし、外を回った馬も届いていた。今週はもう1週Aコースが使用され、後半2週はBコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス2秒9からマイナス2秒4へと変動、日曜はマイナス2秒0からマイナス1秒4へと変動した。
 雨の影響が強く残って、脚抜きの良い馬場だった。土曜朝はマイナス2秒9の馬場差で、相当に速い時計の出るコンディションだった。終盤は水準へ近づいたが、それでもマイナス2秒台。そして日曜も高速馬場だったが、東京のダートと同じで土曜朝と日曜終盤ではかなり時計の出方は異なる。1800m換算で1秒5の差があるので、これは覚えておいた方が良いだろう。なお、連対馬の脚質を見ると偏りは見られないが、偏りがないという事はダートの道悪だからと言って、先行馬が目立ったという訳ではなく、中団・後方からの差しも届いていた。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/06/06 (土)  芝=-0.5 → -0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T2200 キングパール    牡3 未勝利 2:14.9 -0.4 -0.3 -0.1 -0.6 101   C D
5R T1600 ウインオスカー    牡2 新馬 1:40.5 +4.0 -1.1 +3.3 -0.4 67   S C
7R T1400 アルティマブラッド    牝3 未勝利 1:22.2 -0.5 ± -0.1 -0.4 101   C D
9R T1200 オヒア    牝3 戎橋特別500 1:08.3 -1.0 ± -0.6 -0.4 106   B C
10R T1800 ヘミングウェイ    セ5 三木特H1000 1:47.3 +0.7 -0.8 +0.5 -0.6 95   D C
11R T2000 ラブリーデイ    牡5 鳴尾記念G3 1:58.8 ±0 ± +0.8 -0.8 92   D C

2015-06-06 (土)  ダ=-2.9 → -2.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 デューイハミテージ    牝3 未勝利・牝 1:51.7 -2.6 ± +0.3 -2.9 97   C D
2R D1200 スプリングアンサー    牡3 未勝利 1:11.1 -2.0 ± -0.1 -1.9 101   C D
3R D1400 ケンブリッジデイズ    牝3 未勝利・牝 1:24.0 -1.9 ± +0.4 -2.3 96   D D
6R D1800 キングサムソン    牡3 未勝利 1:52.4 -1.9 ± +0.8 -2.7 92   D D
8R D2000 エンキンドル    牡4 500万下 2:02.4 -4.1 ± -1.2 -2.9 112   A B
12R D1200 エイシンローリン    牝4 500万下・牝 1:10.4 -1.9 ± -0.3 -1.6 103   B C

         

■ワンポイントアドバイス
ダイワメジャー産駒、新馬戦でブレイクの予感!?
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。