Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2015/06/14 (日)
2015年3回阪神4日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜がマイナス1秒3だった。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値。また、開催初日は雨の影響が残ったが、2日目以降は全てマイナス1秒台の数値となっている。
 先週の阪神地域は、週前半そして金曜日にまとまった雨が降った。芝は土日とも良馬場発表ではあったが、乾ききったコンディションではなく、特に土曜は雨の影響が残っていた。それでもマイ案素1秒0の馬場差ではあったが、日曜日は乾いてさらに時計は出やすくなった。なお、連対馬の脚質についてだが、土曜は目立った偏りはなかったが、日曜は中団・後方から外を回った馬が優勢だった。ただ、今週からの2週はBコースが使用されますので、先週の傾向がそのまま続くかどうかはわからない。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス2秒0からマイナス1秒5へと変動、日曜はマイナス1秒2だった。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナス1秒を超える数値で速い時計の出るコンディションになっている。特に開催初日はかなりの高速馬場で、2日目・3日目は同じように変動して行った。
 芝のところで触れたが、雨の影響が残っていて、ダートは脚抜きの良いコンディションだった。先週だけの推移という事だけで言えば、土曜朝が最も時計が出やすく、終盤へ向けて馬場差は水準に近づいて行った。次に連対馬の脚質だが、土曜前半の3鞍は全て逃げ・先行馬で決着した。これは能力差もあるが、前の馬が止まらなかった。土曜後半から日曜日はそこまで先行有利ではなかったが、それでも総じて前目の馬が優勢だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/06/14 (日)  芝=-1.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1600 イレイション    牡3 未勝利 1:33.7 -1.7 ± -0.7 -1.0 107   B D
5R T1200 タガノヴィアーレ    牝2 新馬 1:11.4 +0.7 -0.3 +1.2 -0.8 88   E D
6R T2000 ワーキングプライド    牝3 未勝利 2:00.8 -1.1 ± +0.2 -1.3 98   C C
8R T1400 メラグラーナ    牝3 500万下 1:21.1 -0.9 ± ±0 -0.9 100   C B
9R T2200 イサベル    牝4 三田特H1000 2:12.1 -1.4 ± ±0 -1.4 100   C B
11R T2000 シャトーブランシュ    牝5 マーメイHG3 2:00.5 +1.7 -0.6 +2.4 -1.3 76   E D

2015-06-14 (日)  ダ=-1.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 ダンシング    牝3 未勝利 1:25.3 -0.6 ± +0.3 -0.9 97   D D
2R D1800 テイエムトラネコ    牡3 未勝利 1:52.9 -1.4 ± -0.2 -1.2 102   C C
7R D1800 サンタエヴィータ    牝4 500万下・牝 1:51.4 -1.7 ± -0.5 -1.2 105   B C
10R D1200 テイクファイア    牡5 三宮特別1000 1:10.6 -1.1 ± -0.3 -0.8 103   B C
12R D1400 ラテンロック    牡4 500万下 1:23.9 -1.0 ± -0.1 -0.9 101   C C

         

■ワンポイントアドバイス
今週も堀厩舎に注目!
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。