Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2015/06/21 (日)
2015年3回阪神6日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒1からマイナス0秒6へと変動、日曜がマイナス0秒6だった。ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値ではあるが雨の影響度合いで時計の出方は異なる。2日目から4日目はマイナス1秒台で特に速い時計の出るコンディションだった。
 先週からBコースに替わったが、週前半から雨が降って、土曜1Rは稍重でスタート。後半は乾いて行ったが、高速馬場と言えるレベルではなかった。その後雨が降らなければ、日曜はマイナス1秒台になったかもしれないが、深夜に雨が降って日曜は、土曜終盤と同じ馬場差だった。連対馬の脚質だが、半数は中団・後方からの差し馬だった。ただし、内を突いてきた馬もいる。今週は宝塚記念が行われるが、例年の事とは言え、この時期は雨に左右される。先週のような雨なら大きく時計を要する事はないだろうが、高速決着にもならないと思う。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒4からマイナス0秒7へと変動、日曜はマイナス1秒3からマイナス0秒8へと変動した。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスゾーンでほとんどはマイナス1秒を超えており、総じて脚抜きの良いコンディションになっている。
 雨の影響が残って土曜は速い時計の出るコンディションでスタートした。後半は乾いて行って、前半ほどの高速馬場ではないものの、それでも速めの時計が出るレベルだった。そして深夜の雨で、日曜朝は土曜朝とほぼ同じレベルに戻って、そして後半は乾いて行った。つまり、土日ともに時間帯による推移は似ていて、土曜よりも日曜の方が変動幅がやや小さかった。そして連対馬の脚質だが、土曜は前に行った馬が優勢で、日曜は差し馬が優勢だったが、トータルで見れば目立った偏りはなかった。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/06/21 (日)  芝=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1400 ケントオー    牡3 未勝利 1:22.0 -0.7 ± -0.3 -0.4 103   B C
5R T1600 ウインクルサルーテ    牝2 新馬 1:38.5 +2.0 -0.4 +2.1 -0.5 79   S C
7R T1200 バトルムーングロウ    牝4 500万下 1:08.9 -0.4 ± ±0 -0.4 100   C B
8R T2000 ブランドベルグ    牡3 500万下 2:01.3 +0.4 -0.2 +0.8 -0.6 92   D C
9R T1600 ダノンムーン    牡6 小豆島特1000 1:35.9 +1.9 -0.6 +1.8 -0.5 82   S B
11R T1600 スマートレイアー    牝5 米子S 1:34.0 +1.2 ± +1.7 -0.5 83   S C

2015-06-21 (日)  ダ=-1.3 → -0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 タガノディナー    牝3 未勝利 1:12.0 -1.1 ± -0.2 -0.9 102   C D
2R D1800 トウカイパイロ    牡3 未勝利 1:53.2 -1.1 ± +0.2 -1.3 98   C D
6R D1800 ディアブルーダー    セ4 500万下 1:51.7 -1.4 ± -0.3 -1.1 103   C B
10R D1800 テイエムダイパワー    牡5 灘SH1600 1:50.4 -1.1 ± -0.2 -0.9 102   C B
12R D1400 ルミナスパレード    牝4 500万下・牝 1:24.2 -0.7 ± -0.1 -0.6 101   C B

         

■ワンポイントアドバイス
ダート1400m=ダート1700m
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。