Victory Road

アダルト動画

2015/07/05 (日)
2015年1回函館6日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がマイナス1秒0だった。まずはここまで6日間の芝の馬場差を振り返っておく。開幕週はかなりの高速馬場だったが、2週目は雨の影響で時計が掛かっていった。先週は開幕週ほどではなかったが、速い時計の出るコンディションだった。
 週半ばの雨の影響が残って、土日の比較ではわずかではあるが土曜の方が時計が掛かっていた。ただ、土日を通じて速い時計の出るレベルだったと言える。連対馬の脚質を見ると、中団・後方に位置した差し馬の方が目立つ。逃げ・先行馬が全くダメだった訳ではないが、前へ行った馬の連対馬は8頭中7頭が1200m以下だった。今週からの2回函館も3週の開催で、今週までがAコース。来週からの2週はBコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒3、日曜がマイナス0秒8だった。ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値で、5日目まではマイナス1秒台か2秒台でかなり速い時計の出るコンディションだった。
 土曜は雨の影響が残っていたこともあって、マイナス1秒3の馬場差だった。日曜は土曜より乾いて良馬場発表になって、水準方向に近づいた。連対馬の脚質を見ると、土曜は逃げ・先行、日曜は差し馬が優勢だった。特に土曜は3R以降逃げ馬が4連勝している。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/07/05 (日)  芝=-1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1200 ミンナノプリンセス    牝3 未勝利 1:09.8 -0.8 ± -0.2 -0.6 102   C D
4R T2000 アグネスマクシム    牝3 未勝利 2:02.9 -0.3 -0.3 +0.4 -1.0 96   D C
5R T1200 ヒルダ    牝2 新馬 1:11.5 +0.2 -0.3 +0.5 -0.6 95   D D
7R T2000 ホワイトエレガンス    牝3 500万下・牝 2:01.8 -0.4 ± +0.6 -1.0 94   D E
9R T2600 トゥインクル    牡4 500万下 2:44.6 +2.0 -0.9 +2.4 -1.3 76   S D
11R T1800 マイネルミラノ    牡5 巴賞 1:46.5 -0.7 ± +0.2 -0.9 98   C D
12R T1200 スリーカーニバル    牝5 道新スポ1000 1:09.1 -0.5 ± +0.1 -0.6 99   C C

2015-07-05 (日)  ダ=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1000 コマアルカンシエル    牡3 未勝利 1:00.2 +0.2 ± +0.7 -0.5 93   D C
3R D1700 カフェライジング    牡3 未勝利 1:47.5 -0.3 ± +0.5 -0.8 95   D C
6R D1000 リッシンロケット    牡5 500万下 0:59.6 +0.3 ± +0.8 -0.5 92   E D
8R D1700 ミキノハルモニー    牡4 500万下 1:45.8 -0.8 ± ±0 -0.8 100   C C
10R D1700 ヒルノデイバロー    牡4 檜山特H1000 1:45.6 -0.2 ± +0.6 -0.8 94   D D

         

■ワンポイントアドバイス
ローカル芝短距離の新馬戦に強い種牡馬
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。