Victory Road

アダルト動画

2015/07/12 (日)
2015年3回中京4日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒4だった。まずここまで4日間の馬場差を振り返っておく。初日は速い時計の出るコンディションでスタートしたが、その後開幕週は雨の影響で時計が掛かって行った。2週目の先週は雨の影響が残っていたが、土日を通じて時計の出方は変わらなかった。
 土曜は稍重でスタートして後半は良馬場に変更されたが、馬場差は1日を通した数値。時計の出方は日曜も同じだった。連対馬を見ると中団・後方から外を回った馬が優勢。最も、日曜になると前めに位置していても4コーナーで外を回る馬も居た。ただ、中京も今週からの2週はBコースが使用されるので傾向は変わってくるかもしれない。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒1、日曜がマイナス0秒9だった。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値。3日目まではマイナス1秒を超え、4日目にしてもマイナス0秒9ですからマイナス1秒に近いレベルだった。
 土曜は雨の影響が残って稍重でスタート。午後から良馬場に変更されたが、馬場差は1日を通した数値。日曜は土曜と比較すれば乾いて、いくらか時計が掛かったが、それでも速めの時計が出るレベルとなった。連対馬については、前へ行って内を立ち回った馬が優勢。土日合わせて10鞍の内逃げ・先行馬が連対しなかったのは、土曜8Rだけ。また連対馬20頭の内11頭は逃げ・先行馬だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/07/12 (日)  芝=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1600 デアリングエッジ    牝2 未勝利 1:37.5 +0.5 ± +0.8 -0.3 92   D C
5R T1400 タガノミルキー    牝2 新馬 1:24.6 +0.8 ± +1.1 -0.3 89   E D
6R T2000 ゴールドエッセンス    牝3 未勝利・牝 2:03.4 +0.4 ± +0.8 -0.4 92   D D
8R T2200 ワンダーアツレッタ    牡3 500万下 2:14.9 -0.5 -0.7 -0.8 -0.4 108 B D
9R T1400 ウインガニオン    牡3 清洲特別500 1:21.3 -1.0 ± -0.7 -0.3 107   B C
10R T1600 ドラゴンストリート    牡4 有松特H1000 1:34.3 -0.6 ± -0.3 -0.3 103   C C

2015-07-12 (日)  ダ=-0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1800 メイショウナガマサ    牡3 未勝利 1:55.7 +0.9 ± +1.8 -0.9 82   E C
3R D1200 ドラグーン    牡3 未勝利 1:11.9 -1.3 ± -0.7 -0.6 107 B D
7R D1400 キタサンコンサート    牡3 未勝利 1:24.7 -1.4 ± -0.7 -0.7 107   B C
11R D1400 ベストウォーリア    牡5 プロキオG3 1:22.5 -0.6 ± +0.1 -0.7 99   C B
12R D1800 ヒルノデンハーグ    牡3 500万下 1:53.6 ±0 ± +0.9 -0.9 91 E C

         

■ワンポイントアドバイス
芝ハンデ重賞の対策
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。