Victory Road

アダルト動画

2015/07/18 (土)
2015年2回函館3日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒2、日曜はマイナス0秒6からマイナス1秒1へと変動した。まずはここまで6日間の芝の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値の上、数値に大きな動きはない。
 Bコースに替わった先週だが、まず土曜はマイナス1秒2の馬場差で高速馬場。日曜の朝は雨の影響が残って、土曜よりも時計が掛かっていたが、後半は乾いて土曜に近いレベルへと戻った。連対馬については、差し馬がやや優勢というレベルで大きな偏りはなかったが、勝ち馬は逃げ・先行馬が多かった。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス0秒4、日曜がマイナス0秒9だった。ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、稍重だった前開催5日目はマイナス1秒3で速い時計の出るレベル。一方先週土曜は時計が掛かっていたが、日曜は土曜よりも時計が出やすくなった。
 繰り返しになるが、先週は土曜より日曜の方が1700m対象の馬場差にして0秒5時計が出やすくなっている。言うまでもなく、日曜は朝の雨の影響によるもの。土日とも良馬場発表なので、これは注意していただきたいと思う。連対馬については、好位勢が優勢だった。前回も言ったが、小回りだから先行有利という訳でもなかった。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/07/18 (土)  芝=-1.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1200 プルガステル    牡3 未勝利 1:09.7 -0.9 ± -0.2 -0.7 102 C D
5R T1200 ドナルチア    牝2 新馬 1:10.9 -0.4 ± +0.3 -0.7 97   D D
6R T1800 エドノジョンソン    牡3 未勝利 1:49.0 -1.2 ± -0.1 -1.1 101   C D
10R T2000 レッドルモンド    牡3 臥牛山特500 2:00.5 -1.7 ± -0.5 -1.2 105   B C
11R T1200 マジックシャトル    牡3 STV杯1000 1:09.5 -0.1 -0.3 +0.3 -0.7 97   D C
12R T1800 エイシンノーティス    牝4 湯浜特別500 1:50.1 +0.8 -0.6 +1.3 -1.1 87   S D

2015-07-18 (土)  ダ=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1000 ラブゴーギャン    牡2 未勝利 1:00.2 -0.3 ± -0.1 -0.2 101   C D
2R D1700 ゴールドグローリー    牝3 未勝利・牝 1:47.7 -0.1 ± +0.3 -0.4 97   C D
4R D1700 ツクバイーメーカー    牡3 未勝利 1:47.1 -0.7 ± -0.3 -0.4 103   C D
7R D2400 ティーポイズン    牡4 500万下 2:35.3 -0.3 -0.3 ±0 -0.3 100   C D
8R D1000 ディアゴッホ    牡4 500万下 0:59.5 +0.2 ± +0.4 -0.2 96   D D
9R D1700 コクリュウノマイ    セ4 500万下 1:46.4 -0.2 ± +0.2 -0.4 98   C D

         

■ワンポイントアドバイス
前走同競馬場?別競馬場?
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。