Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2015/07/18 (土)
2015年3回中京5日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒5からプラス0秒2へと変動、日曜がマイナス0秒4だった。ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、週によってまた同じ週でも土日で時計の出方が異なる。雨の影響を受けやすい季節の開催らしい推移と言えそう。
 中京も先週からコース設定が替わったが、土曜朝雨の影響が残ってこの開催で最も時計の掛かるレベルでスタートした。終日プラスの数値ではあったが、後半は乾いて9R以降2000m対象の数値としてはプラス0秒2になった。日曜は土曜と比較すれば馬場は乾いて、マイナスゾーンの数値。ただ、馬場コンディション自体が荒れてきていて、高速馬場というレベルではなかった。なお、日曜は稍重から良へ馬場発表が変更されたが、馬場差は1日を通した数値。連対馬の脚質については、日曜の8R以降は差し馬が目立ったが、それまでは前めにつけた馬が優勢だった。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒8、日曜はマイナス1秒4からマイナス1秒1へと変動した。ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値で終日良馬場発表で行われた4日目を除くとマイナス1秒を超えていますし、その4日目にしてもマイナス0秒9で時計の出やすいコンディションだった。
 雨の影響が強く残って土曜はかなり速い時計の出る馬場だった。土曜と比較すれば日曜は水準に近づいて行って、馬場差は変動。それでも脚抜きの良いコンディションだった。なお、土曜は不良から重馬場へと馬場発表は変更されたが、馬場差は1日同じ数値。連対馬については、中団・後方の差し馬が優勢だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/07/18 (土)  芝=+0.5 → +0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1600 ラヴアンドポップ    牡2 新馬 1:39.7 +2.4 -0.6 +1.4 +0.4 86   S D
6R T1200 ハギノナトゥーラ    牝3 未勝利・牝 1:10.7 +0.2 ± -0.1 +0.3 101   C D
7R T2000 マツリダアンバター    牡3 未勝利 2:03.7 +0.7 ± +0.2 +0.5 98   C D
9R T1400 レッドカーラ    牝3 タイラン500 1:22.0 -0.3 ± -0.4 +0.1 104   B C
11R T2000 リアファル    牡3 マレーシ1600 2:03.4 +2.8 -1.0 +1.6 +0.2 84   S C

2015-07-18 (土)  ダ=-1.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1200 エナジータウン    牡3 未勝利 1:11.9 -1.3 ± -0.1 -1.2 101   C C
3R D1800 オイルタウン    牡3 未勝利 1:53.8 -1.0 ± +0.8 -1.8 92   D C
8R D1200 ディープミタカ    牡4 500万下 1:10.7 -1.8 ± -0.6 -1.2 106   B C
10R D1900 メイショウソレイユ    牡5 インデH1000 1:59.0 -0.5 ± +1.4 -1.9 86   E D
12R D1800 オールブラッシュ    牡3 500万下 1:51.4 -2.2 ± -0.4 -1.8 104 B B

         

■ワンポイントアドバイス
前走同競馬場?別競馬場?
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。