Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2015/07/25 (土)
2015年2回函館5日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒5からプラス1秒3へと変動、日曜がプラス1秒6だった。まず2回開催6日間の芝の馬場差を振り返っておくと、4日目まではマイナスの数値で、総じて速めの時計が出るコンディションだったが、先週は雨の影響で土日ともにプラスの数値となった。
 週半ばの雨はさほど影響はなかったが、土曜にも雨が降って、6週開催の最終週だった事もあって一気に時計が掛かった。土曜は後のレースになる程、時計が掛かっていき、日曜は再び雨が降って土曜終盤と比較してもさらに時計が掛かった。連対馬の脚質を見ると、土曜は好位勢、日曜は中団・後方の馬差し馬が優勢。ただ、1200m・1800mの10鞍では逃げ・先行馬が7連対していた。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス2秒3からマイナス2秒6へと変動、日曜はマイナス2秒6だった。2回開催6日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値だが最終週の先週だけはマイナス2秒台で、かなりの高速馬場だった。
 雨の影響で土曜は朝の時点でかなり脚抜きが良いコンディションになっていた。表には入っていないが、昼頃に雨が降って、後半は一層時計が出やすくなった。日曜も雨の影響で土曜後半と同じレベルの高速馬場。連対馬の脚質を見ると、好位勢が優勢。次に逃げ・先行。つまりある程度前に行っていないと厳しかったが、先週も日曜3Rと6Rでマクリが決まった。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/07/25 (土)  芝=+0.5 → +1.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1800 クロコスミア    牝2 未勝利 1:53.2 +2.1 -0.8 +0.8 +0.5 92   D C
5R T1200 ノミネーション    牡3 未勝利 1:10.8 +0.2 ± -0.2 +0.4 102   C C
6R T2000 トーカティヴ    牡3 未勝利 2:04.3 +1.1 ± +0.2 +0.9 98   C B
7R T1200 セレッソブランコ    牝3 500万下 1:10.5 +0.5 ± -0.2 +0.7 102   C C
9R T1800 ノーブルリーズン    牝3 500万下 1:49.8 +0.5 ± -0.7 +1.2 107 B C
10R T2600 リターントゥジェム    牡4 横津岳特500 2:44.8 +2.2 -0.3 +0.2 +1.7 98   C D
11R T1200 オメガヴェンデッタ    セ4 函館日刊1600 1:10.0 +0.8 ± ±0 +0.8 100 C C

2015-07-25 (土)  ダ=-2.3 → -2.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1700 ガロファノ    牝3 未勝利・牝 1:45.5 -2.3 ± ±0 -2.3 100   C D
3R D1000 セイウンアワード    牡3 未勝利 0:58.9 -1.1 ± +0.3 -1.4 97   D D
4R D1700 ダンツホーネット    牡3 未勝利 1:46.1 -1.7 ± +0.6 -2.3 94   D D
8R D1700 モルトベーネ    牡3 500万下 1:43.9 -2.7 ± -0.1 -2.6 101   C D
12R D1700 キャンバス    セ4 駒場特別1000 1:43.8 -2.0 ± +0.6 -2.6 94   D D

         

■ワンポイントアドバイス
福島→新潟
中京→小倉
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。