Victory Road

アダルト動画

2015/08/02 (日)
2015年1回札幌2日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒7だった。
 確かに高速馬場だった。ただし昨年の1回札幌も1週目は雨が降ってここまでは速くならなかったが、2週目の馬場差がマイナス1秒6。新潟の芝とは違って、開催が進むにつれて時計の掛かる馬場になっていくはずだが、2週目の今週はまだマイナス1秒5ぐらいの高速馬場だろうと推測できる。タイム表を見て気がつくのは、レコード決着だった日曜の10RがCランクで、しかも完全タイム差がプラス。そもそも重賞が行われないコースのレコードには価値のない事が多いが、1000万下がレコード決着でも水準程度でしかなかった。そのぐらいの高速馬場だったという事。今年札幌で初めてエアレーション作業が行われて、洋芝オンリーのエアレーションというのは初めて。理屈で考えると野芝よりも、あまり効果が大きくないと思うが、先週は高速馬場とは言え、あまり前残りは多くなかった。これはもしかするとエアレーションの効果と言うか、影響が出ている可能性があるので、今後ちょっと観察しておきたい。なお、1回札幌は3週間の開催で、全てAコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土日ともにマイナス0秒5だった。
 馬場差マイナス0秒5と言っても、速い時計が出る馬場という感じではなく、ほぼ水準。いかにも小回りコースのダートというような前残り傾向ではなく、直線一気は難しいにしても好位差しはよく決まっていた。偏りとか不公平感のない馬場だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/08/02 (日)  芝=-1.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1200 ボーダレス    牝2 未勝利・牝 1:10.1 -0.7 ± +0.3 -1.0 97   D D
4R T1500 レオフラッパー    牝3 未勝利 1:28.3 -1.8 ± -0.5 -1.3 105   B D
5R T1800 プロフェット    牡2 新馬 1:52.3 +1.2 -1.3 +1.4 -1.5 86   S C
7R T1800 ネオリアリズム    牡4 500万下 1:46.5 -2.7 ± -1.2 -1.5 112 A D
9R T2000 クルーガー    牡3 北辰特別500 2:00.7 -1.4 ± +0.3 -1.7 97   C D
10R T1500 セウアズール    牝4 道新スポ1000 1:27.7 -1.1 ± +0.2 -1.3 98   C C
11R T1800 メイショウスザンナ    牝6 クイーンG3 1:47.1 ±0 ± +1.5 -1.5 85   E D

2015-08-02 (日)  ダ=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1000 ラッキーダン    牡3 未勝利 0:59.3 -0.4 ± -0.1 -0.3 101   C D
3R D1700 カゼノドリーム    牡3 未勝利 1:46.0 -1.0 ± -0.5 -0.5 105   B D
6R D1700 エネスク    牡2 新馬 1:49.0 +0.6 ± +1.1 -0.5 89   E C
8R D1700 サージェントバッジ    牡3 500万下 1:45.3 -0.6 ± -0.1 -0.5 101   C D
12R D1700 マイネルオフィール    牡3 大通特別1000 1:44.2 -0.9 ± -0.4 -0.5 104   B C

         

■ワンポイントアドバイス
エアレーションによる傾向の変化
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。