Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2015/08/08 (土)
2015年2回小倉3日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒7、日曜がマイナス0秒5だった。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値だが、徐々に水準方向に近づいている。
 小倉も開催前にエアレーション作業が行われているが、開催が進んでも馬場差が変化していない新潟とはちょっと事情が異なるようで、1週目より少し時計が掛かるようになった。っと言ってもまだ馬場差はマイナスだが、特に1800m・2000mでは差しがよく決まる。この様子だと開催進行につれて時計がさらに掛かるようになり、そして外からの差しが決まりやすくなるという、ごく普通の馬場の変化になるかもしれない。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土日ともにマイナス0秒9だった。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値だが、開幕週がマイナス1秒3だったので、先週は開幕週ほど時計の出やすいコンディションではなかったという事になる。
 まず1週目はとても良馬場とは思えない程の高速馬場だった。先週は1週目よりは水準方向に近づいたが、それでもまだ高速馬場と言える範疇だった。で、まず1週目と2週目は同じ良馬場でも0秒4違うという事。そして完全な良馬場でも速い時計が出やすい馬場なので、見た目の時計捕らわれない事が今開催の小倉ダートでは重要な事となる。なお、先週は土曜は差しやマクりで好走した馬が結構いて、日曜は逆にちょっと前残り傾向だったが、実は馬場状態は土日で変わっていないので、注意。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/08/08 (土)  芝=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1200 カシノエイシ    牡2 未勝利・九 1:09.9 +0.3 ± +0.7 -0.4 93   D E
2R T1800 ノーブルマーズ    牡2 未勝利 1:48.6 -0.1 ± +0.5 -0.6 95   D D
4R T1800 ブロードキャスト    牡3 未勝利 1:48.2 +0.3 ± +0.9 -0.6 91   E D
5R T1200 メイショウマイカゼ    牝2 新馬 1:10.6 +0.8 ± +1.2 -0.4 88   E D
7R T1200 スーパールミナル    牝3 未勝利 1:08.9 -0.2 ± +0.2 -0.4 98   C D
9R T2000 ウインリバティ    牝4 都井岬特500 1:59.3 -0.6 ± +0.1 -0.7 99   C D
10R T1200 タイセイララバイ    牝4 筑紫特別500 1:08.3 -0.2 ± +0.2 -0.4 98   C D
11R T2000 ロングリバイバル    牡4 九州スポ1000 2:00.3 +1.1 ± +1.8 -0.7 82   E D

2015-08-08 (土)  ダ=-0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R D1700 ノーブルソニック    牝3 未勝利・牝 1:46.3 -0.2 ± +0.7 -0.9 93   D D
6R D1700 ワキノハガクレ    牡3 未勝利 1:46.6 +0.1 ± +1.0 -0.9 90   E C
8R D1000 タガノヴェルリー    牝3 500万下 0:58.0 -0.5 ± ±0 -0.5 100   C D
12R D1700 メイショウウタゲ    牡4 500万下 1:44.4 -1.0 ± -0.1 -0.9 101   C D

         

■ワンポイントアドバイス
日野特別
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。