Victory Road

DMM.make DISPLAY

2015/08/23 (日)
2015年2回新潟8日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒8、日曜がマイナス0秒9。直線1000m対象の数値は土曜がプラス0秒2、日曜がマイナス0秒2だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、2000m対象の馬場差はマイナス0秒9かマイナス0秒8の数値でほとんど変わりがない。一方直線1000mは7日目だけはプラス0秒2で、他の開催日は全てマイナス0秒2だった。
 金曜の夜と土曜日の朝に雨が降っていたが、結果的には普通の良馬場で時計の出方にもほとんど雨の影響がなかった。全体的に直線で内側を避けるようになって来ていて、直線の内側の方が傷んで来たようだが、新潟の場合直線で内・外の進路の取り方の自由度が高いので、レース結果には内が傷んできた事の結果が、ほとんど影響ない。最終週まで6週連続でAコース使用となるが、恐らく時計の出方は今後もあまり変化しないだろう。なお、土曜の直線1000mの馬場差がプラスになっているのは、その時間帯に向かい風が強めに吹いていたため。6Rや9Rのころも風は強かったが、どちらもコーナー2回のレースなので、風の影響は追い風と向かい風で、前半と後半で相殺されている。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒4、日曜がプラス0秒6。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス0秒1だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておく。まず1800mはプラス0秒4からプラス0秒8の間で時計が掛かるなりに、大きな動きはない。一方1200mはマイナス0秒3からプラス0秒1の間での推移で、ほとんど水準レベル。
 金曜から土曜朝にかけての雨の影響で、土曜は重に近い稍重。という事で、今開催の中では時計の出やすいコンディションだったが、1800mに関しては風の影響も受けて、速い時計が出たとは言えなかった。日曜は土曜よりも乾いて、1800mも1200mも土曜よりは時計が掛かるようになった。日曜の11Rこの1200mだけが良馬場で行われたが、馬場差は1日を通した数値。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/08/23 (日)  芝=-0.9 / 直=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1400 ショウナンライズ    牡2 未勝利 1:21.9 -1.1 ± -0.5 -0.6 105 B C
5R T1600 サプルマインド    牝2 新馬・牝 1:36.0 +0.4 -1.1 ±0 -0.7 100 C C
6R T2400 ジャングルスコール    牝3 未勝利 2:28.5 +0.9 -0.8 +1.2 -1.1 88   S D
8R T1800 スマイルシャワー    牝4 500万下 1:46.9 +0.4 -0.9 +0.3 -0.8 97   C D
9R T2400 エイシンアロンジー    牡4 出雲崎特500 2:27.5 +1.0 -0.9 +1.2 -1.1 88   S C
10R T2000 ティルナノーグ    牡3 信濃川特1000 1:59.4 +0.1 -1.1 -0.1 -0.9 101   C D
12R T1000 キャレモンショコラ    牝4 500万下・牝 0:55.1 -0.2 ± ±0 -0.2 100   C D

2015-08-23 (日)  ダ=+0.6 / 1200m=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1200 コンコルダンス    牝3 未勝利・牝 1:12.9 +0.3 ± +0.4 -0.1 96   D D
3R D1800 キータイプ    牡3 未勝利 1:55.7 +1.9 ± +1.3 +0.6 87   E D
7R D1800 モルダバイト    セ5 500万下 1:53.0 +0.2 ± -0.4 +0.6 104   B D
11R D1200 トキノゲンジ    牡7 NST賞H 1:11.0 +0.9 ± +1.0 -0.1 90   E D

         

■ワンポイントアドバイス
芝の3歳オープンは過信禁物
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。