Victory Road

巨乳のサンプル動画が見放題!

2015/09/05 (土)
2015年2回小倉11日目

■馬場コメント
 先週の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒7、日曜はマイナス0秒3からマイナス0秒1へと変動した。さかのぼって8日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値ではあったが、マイナス1秒を超えたのは9日目の前半だけだった。
 土曜は良馬場で特筆事項なしだが、土曜の夜に大量の雨が降って、日曜日は重馬場でスタートした。日曜の4R以降稍重だが、午後3時頃から小雨が降って、さらに日曜は芝のレースが9鞍もあったので、レース進行による芝の傷みも重なって馬場差は変動となった。9Rまでは馬場差マイナス0秒3。11Rはマイナス0秒2、12Rはマイナス0秒1だが、日曜日の特に後半は明らかに外が伸びる馬場にもなっていた。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス0秒5、日曜がマイナス2秒0だった。さかのぼって8日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値でマイナス1秒台・2秒台になる日の方が多く、総じて速い時計の出るコンディションだった。
 まず先週の土曜だが、良馬場でもマイナスの馬場差だったという事だが、実は今開催の小倉のダートではこれでも最も時計の掛かるコンディションだった。今年夏の小倉ダートは良馬場でも速い時計が出たという事は、これはしっかり押さえておきたい。土曜の夜に大量の雨が降って、日曜は不良馬場となった。水が浮いているという状態ではなく、脚抜きが良く超高速馬場となった。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/09/05 (土)  芝=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1800 フロムマイハート    牝2 未勝利 1:48.6 -0.1 ± +0.5 -0.6 95   D C
5R T1200 ハコダテローズ    牝3 未勝利・牝 1:08.6 -0.5 ± -0.1 -0.4 101   C D
7R T2000 ハッピーウィルス    牡3 未勝利 1:59.9 -0.9 ± -0.2 -0.7 102   C D
9R T1200 ハイマウンテン    牝5 八幡特別500 1:07.7 -0.8 ± -0.4 -0.4 104   B C
10R T2000 マサハヤドリーム    牡3 玄海特H1000 2:00.6 +1.4 -0.6 +1.5 -0.7 85   S D
11R T1200 メイショウライナー    牡5 北九州H1600 1:07.8 +0.1 -0.3 +0.2 -0.4 98   C E

2015-09-05 (土)  ダ=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R D1000 タマモスズラン    牝2 未勝利 0:59.5 -0.1 ± +0.2 -0.3 98   C D
6R D1700 オーロラポラリス    牡3 未勝利 1:46.4 -0.1 ± +0.4 -0.5 96   D C
8R D1000 コウエイラブリー    牝3 500万下 0:58.2 -0.3 ± ±0 -0.3 100   C C
12R D1700 キョウワランサー    牡4 500万下 1:45.2 -0.2 ± +0.3 -0.5 97   C D

         

■ワンポイントアドバイス
夏の終わりにハービンジャーのまとめ
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。