Victory Road

DMM.make DISPLAY

2015/09/06 (日)
2015年2回札幌6日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒3、日曜がマイナス0秒6だった。まずさかのぼって6日間の芝の馬場差を振り返っておくと、4日目まではマイナス1秒台だったが、5日目はプラスの数値になった。
 雨の影響が残っていて土曜日は稍重だった。含水率で言えば、良に近い稍重という、そういう状態だったようだが、馬場差はプラスとなった。札幌のような洋芝のコースは雨、水分の影響が大きい。その土曜日はサドラーズウェルズ系種牡馬の産駒が入賞していて、特に10Rを勝ったGalileo産駒のレッドシャンクスは前走8着からの一変、7番人気だった。また、1回札幌6日目の後半力の要る馬場になった時に2着と好走したマイネグレヴィルが土曜の12Rでまた2着と好走した。パワー血統の馬とかパワー勝負の馬場に好走実績のある馬が好走していたのが土曜日だった。日曜日は良馬場に回復して馬場差もマイナスゾーンに戻った。こちらは9Rを7番人気のディープインパクト産駒が勝って、11Rは5番人気のディープインパクト産駒が勝った。土曜日とは好走馬の血統傾向が異なっていた。先週の札幌芝は土日で1秒近く馬場差が違うというだけでなくて、好走した馬のタイプが異なっていた。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒4、日曜がマイナス0秒9だった。さかのぼって6日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値で、最も時計が掛かった日でも2日目のマイナス0秒7だった。
 雨の影響が残って土曜は重馬場だった。マイナス1秒台の高速馬場だが、この開催中に何度か触れているように今年の札幌ダートは良馬場でもマイナス1秒ぐらいの馬場差になることが多かった。という事で、先週の土曜日が特に高速馬場だったという事ではない。日曜は8Rまでが稍重で12Rは良馬場になったが、馬場差は変動ではなく、今開催の標準的な馬場差だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/09/06 (日)  芝=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1500 ブレイブスマッシュ    牡2 未勝利 1:30.3 -0.5 ± ±0 -0.5 100 C C
2R T1200 エピックマジック    牝2 未勝利 1:11.0 +0.2 ± +0.6 -0.4 94   D C
5R T2000 スターチェイサー    牡3 未勝利 2:03.8 +0.8 -0.8 +0.6 -0.6 94   D C
7R T1200 エクシードリミッツ    牝3 500万下 1:09.5 -0.3 ± +0.1 -0.4 99   C C
9R T2000 ビキニスタイル    牝4 500万下 2:02.0 -0.1 ± +0.5 -0.6 95   D C
10R T1200 オデュッセウス    牡2 すずらん 1:11.0 +1.0 ± +1.4 -0.4 86   E E
11R T2600 ヒラボクディープ    牡5 丹頂SH 2:41.8 +1.4 -0.4 +1.8 -0.8 82   E E

2015-09-06 (日)  ダ=-0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R D1700 エクストラペトル    牝3 未勝利・牝 1:46.5 -0.5 ± +0.4 -0.9 96   D C
4R D1700 デュアルフレイム    牡3 未勝利 1:46.7 -0.3 ± +0.6 -0.9 94   D D
6R D1000 サンマディソン    牝4 500万下 0:58.8 -0.3 ± +0.2 -0.5 98   C C
8R D1700 タマモネイヴィー    牡4 500万下 1:45.0 -0.9 ± ±0 -0.9 100   C C
12R D1700 メイショウスミトモ    牡4 釧路湿原1000 1:44.4 -0.7 ± +0.2 -0.9 98   C C

         

■ワンポイントアドバイス
夏の終わりにハービンジャーのまとめ
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。