Victory Road

DMM.make DISPLAY

2015/09/12 (土)
2015年4回阪神1日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒4、日曜がマイナス1秒1だった。
 まず中間の状況を振り返ると、阪神も雨が降ったが、中山ほどではなかった。土曜朝には良馬場発表まで回復した。それでもまだ水分は含まれているが、土曜の馬場差はマイナス1秒4。昨年の開幕初日がマイナス1秒5でしたから、だいたい同じ数値でスタートしている。ただ、日曜は朝方に雨が降った影響から土曜よりも少し時計を要していた。阪神も野芝のみの開催。エアレーションの影響は中山ほど顕著ではなくて時計の速い土曜は好位勢が活躍したが、日曜日は2R・6R・8Rのように中団・後方の決着が多くなっていた。3日間開催の最終日にあたる次の月曜までがAコース、後半4日間がBコース使用となる。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒2、日曜はマイナス1秒7からマイナス1秒2へと変動した。
 中間の雨の影響から土曜は稍重発表でスタートした。ただし、雨量そのものが中山より少なかった事もあって、終日稍重の中山とは違って、7Rには良馬場に回復した。それでも時計の出方がかなり速くて、土曜の馬場差は一日でくくれる。日曜は良馬場発表だったが、朝方に降った雨の影響から水分を含んでいて、土曜よりも高速化した。それでも日中雨が降らなかった事から、少しずつ乾いていって変動となっている。日曜最終レースにして、土曜と同じ馬場差になった。先行・好位勢の活躍が目立ったが、差しづらいという馬場でもなくて、馬場が乾いて低レベルで上がりが掛かった日曜最終は追い込みと差しで決着していた。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/09/12 (土)  芝=-1.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1800 リセエンヌ    牝2 未勝利 1:48.8 ±0 -0.9 +0.4 -1.3 96   D E
5R T1600 エアスピネル    牡2 新馬 1:34.5 -1.7 -0.5 -1.1 -1.1 111 A B
6R T1400 ナタリーバローズ    牝2 新馬・牝 1:23.2 -0.2 ± +0.8 -1.0 92   E C
8R T2000 ジャズファンク    牡3 500万下 2:01.0 +0.1 ± +1.5 -1.4 85   E C
9R T1800 ミッキーオリビエ    牡3 野分特別1000 1:47.5 +0.9 -0.9 +1.3 -1.3 87   S D
12R T1400 タマモイヤリング    牝3 500万下 1:21.1 -0.9 ± +0.1 -1.0 99   C C

2015-09-12 (土)  ダ=-1.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 スーパーライナー    牡2 未勝利 1:54.1 -1.2 ± ±0 -1.2 100   C E
3R D1400 ベルディーヴァ    牝3 未勝利 1:25.4 -0.3 ± +0.6 -0.9 94   D E
4R D1800 アスクティターン    牡3 未勝利 1:53.3 -0.8 ± +0.4 -1.2 96   D D
7R D1200 サカジロヴィグラス    牝4 500万下 1:11.2 -1.1 ± -0.3 -0.8 103   B B
10R D2000 スリータイタン    セ6 鳥取特H1000 2:04.2 -1.4 ± -0.1 -1.3 101   C D
11R D1400 エーシンビートロン    牡9 エニフS 1:23.4 +0.6 ± +1.5 -0.9 85   E D

         

■ワンポイントアドバイス
スーパー未勝利は夏の使い方に注意
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。