Victory Road

アダルト動画

2015/09/13 (日)
2015年4回中山2日目

■馬場コメント
 先週の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜がマイナス1秒2だった。
 台風18号の影響で先々週の日曜から木曜までに降った雨はなんと350mを超えた。通常これだけ降ると金曜日に1日晴れたぐらいでは回復しないものだが、それが土曜朝には芝が良馬場発表までこぎつけたんですから、驚いた。路盤の工事が昨年行われた効果に加えて、エアレーション作業の効果もあるのか水はけが俄然良くなったという感じがする。エアレーションを用いた効果はまだまだあって、例えば3年前の京成杯AHでレオアクティブが日本レコードをマークしたような、超高速決着にはならない事。それとともに適度に上がりが掛かって、差し・追い込み馬の台頭ができやすくなっている事。連対馬の脚質を見ても、中団の馬が4勝2着2回。後方の馬が3勝2着1回と活躍していた。同時に内外の偏りもない。以前の秋の中山の開幕週では、考えづらい結果ではないだろうか。反面少し非力な逃げ・先行馬には厳しい馬場ではあるが、競馬自体を見ていて面白い気がする。ちなみに馬場差が土日で違うのは、土曜はまだ若干の水分を含んでいたため。日曜はさらに乾きが進んだという事。日曜は昼頃にパラリと雨が降ったが、馬場差には影響がない。なお、今開催は野芝のみで行われ、今週の3日間競馬の月曜日までがBコース、後半2週はCコースが使用され、トータル9日間で行われる。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒1、日曜がマイナス0秒8。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒6、日曜がマイナス0秒4だった。
 芝同様にダートも中間の雨量の割に乾きが早かったと思う。それでも下にかなりの水分を含んでいて、土曜は稍重発表。1800mは速い時計の出るコンディションで、1200mも水準よりは速かった。日曜は表面が白く乾燥して見えるまで回復した。良馬場発表で、1800m・1200mともに土曜日よりも水準に近づいていた。基本的に逃げ・先行馬が有利なのはコース形態から当然のこと。その中でも差し馬もペース一つで浮上するというのもいつも中山と同じだが、純粋な逃げ切りは日曜10RながつきSのナンチンノンだけだった。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/09/13 (日)  芝=-1.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1200 マイネルパッセ    牡2 未勝利 1:09.5 -0.7 ± ±0 -0.7 100   C D
2R T2000 ガーネットバローズ    牝2 未勝利 2:05.4 +2.1 -0.9 +2.4 -1.2 76   S E
6R T1600 コスモプロテア    牡2 新馬 1:38.0 +1.5 -0.3 +2.2 -1.0 78   S C
8R T1800 ダイワミランダ    牝3 500万下 1:48.2 -0.4 -0.6 +0.1 -1.1 99   C D
9R T1600 イントロダクション    牝4 木更津H1000 1:34.6 +0.2 -0.4 +0.8 -1.0 92   D B
11R T1600 フラアンジェリコ    牡7 オータムHG3 1:33.3 +0.1 -0.3 +0.8 -1.0 92   D C

2015-09-13 (日)  ダ=-0.8 / 1200m=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R D1800 ダイワハッスル    牡3 未勝利 1:55.1 -0.2 ± +0.6 -0.8 94   D E
4R D1200 ハードアスリート    牡3 未勝利 1:12.5 -0.1 ± +0.3 -0.4 97   D D
5R D1800 クレマンダルザス    牡2 新馬 1:57.3 +0.5 -1.0 +0.3 +0.2 97   C C
7R D1800 エグランティエ    牝3 500万下・牝 1:52.7 -1.3 ± -0.5 -0.8 105   B D
10R D1200 ナンチンノン    牡4 ながつき1600 1:10.3 -0.4 ± ±0 -0.4 100   C C
12R D1200 プロファウンド    牡4 500万下 1:11.4 -0.5 ± -0.1 -0.4 101   C C

         

■ワンポイントアドバイス
スーパー未勝利は夏の使い方に注意
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。