Victory Road

アダルト動画

2015/11/01 (日)
2015年4回東京9日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒1だった。4回東京は開幕週が3日間開催だったので、ここまで9日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響を受けた4日目以外はマイナス1秒前後で推移している。
 3週目までは4日目を除くと大まかに徐々に時計が掛かって行ったが、先週はBコースに替わって、先々週よりも時計は出やすくなった。逃げて連対した馬は土日で4頭いるが、全体としては中団・後方からの差し馬が優勢だった。ただし、内を突いて来た馬もいますし、外を伸びてきた馬もいた。なお、開催は替わるが、今週と来週はそのままBコースが使用され、そして後半の2週はCコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がプラス0秒2、日曜がプラス0秒3だった。さかのぼって9日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響を受けた2日目・4日目・5日目を除けば水準レベルの数値で推移していたが、先週は今開催で初めてプラスになった。
 水曜日に1ミリの雨が記録されたが、 ※ 水準か水準前後で推移していて、大きく変わった訳ではない。連対馬の脚質を見ると、土曜は逃げ・先行の粘り込みが目についたが、差しが効かなかった訳ではない。日曜日は偏りは見られなかった。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/11/01 (日)  芝=-1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1400 ウェーニーウィキー    牝2 未勝利・牝 1:23.5 +0.1 -0.3 +0.6 -0.8 94   D D
4R T1600 ルフォール    牝2 新馬 1:36.7 +0.3 -0.5 +0.7 -0.9 93   D C
5R T1800 ブラックプラチナム    牡2 新馬 1:50.7 +1.2 -1.1 +1.1 -1.0 89   S C
6R T1400 チョコレートバイン    牝4 500万下 1:21.4 -0.8 -0.2 -0.2 -0.8 102   C C
9R T2000 ブリュネット    牝5 精進湖H1000 1:59.8 -0.3 ± +0.8 -1.1 92   D C
10R T1600 ダッシングブレイズ    牡3 紅葉SH1600 1:32.9 -0.7 ± +0.2 -0.9 98 C D
11R T2000 ラブリーデイ    牡5 天皇賞秋G1 1:58.4 ±0 -0.6 +0.5 -1.1 95   D B

2015-11-01 (日)  ダ=+0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1600 ラスベガスシチー    牡2 未勝利 1:39.8 ±0 ± -0.3 +0.3 103   C D
3R D1400 ウィズエモーション    牝2 未勝利 1:26.6 +0.2 ± -0.1 +0.3 101   C D
7R D1600 アルファアリエス    牡4 500万下 1:38.3 +0.3 ± ±0 +0.3 100   C C
8R D1400 ミヤジマッキー    牡5 河口湖特1000 1:24.7 +0.5 ± +0.2 +0.3 98   C C
12R D1600 アールプロセス    牡4 三峰山特1000 1:38.0 +0.8 -0.3 +0.2 +0.6 98   C C

         

■ワンポイントアドバイス
今なお使える日野特別
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。