Victory Road

アダルト動画

2015/11/07 (土)
2015年3回福島3日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜は設定不能だった。まずはここまで4日間の芝の馬場差を振り返っておくと、3日目まではマイナス1秒台の馬場差だったが、日曜は設定不能となった。
 土曜の馬場差は1週目とあまり変わらなかったが、雨が降り続いた日曜は一気に時計の掛かる馬場となった。日曜の午前はプラス1秒台の半ば。昼過ぎはプラス2秒台の前半、9R以降はプラス2秒台後半という感じだったと思われるが、ここまで行ってしまうとタイムランクを出すことにあまり意味がない、むしろ危険というところがあるので、馬場差は設定不能とした。馬場発表は12Rでも重だったが、おそらく芝の根付きがあまり良くなくて、競馬の最中に雨が降っていると一気に時計が掛かるのだと推測する。最終週となる今週はBコースに移るが、気温も低いですし、大幅な回復は見込みにいく。良馬場でもプラスの馬場差になるかもしれない。土曜でも結構外が伸びていたが、日曜の午後は完全な外伸びという馬場になっていた。その後12R、これが最内を通って逃げ切りだが、外も傷んでどこを通っても変わらないようになっていたあるいは、最内の1頭だけがギリギリ馬場が良かったかのどちらか。いずれにしても、日曜は時計の掛かる馬場での巧拙とか、通ったコースによって結果が左右されていたと思う。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜はマイナス0秒2からマイナス1秒0へと変動した。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、1週目はマイナス0秒3、先週土曜はプラスマイナスゼロで大きく動いてはいないが、日曜は雨の影響で後半時計の出やすいコンディションになっていた。
 土曜は水準の馬場差だが、日曜は雨の影響で高速化した。変動の馬場差は日曜日1Rがマイナス0秒2で、そこから徐々にマイナス方向に動いて10Rがマイナス1秒0。時計が出やすくなっていったのに、タイム差というところにマイナスの数値がないと、そういうところに気がつくかもしれないが、これはメンバーの質が総じて低かったため。土曜日から1700mではマクリ気味に上がってきた馬が差しきったというレースがあって、馬場が高速化した日曜日は逃げ切り勝ちがなかった。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/11/07 (土)  芝=-1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T2000 ウインテンダネス    牡2 未勝利 2:01.7 -0.6 ± +0.4 -1.0 96   D D
8R T1200 スマートカルロス    牡3 500万下・若 1:08.5 -0.7 ± -0.1 -0.6 101   C E
10R T2000 ギブアンドテイク    牡4 三春駒特500 2:01.3 +0.7 ± +1.7 -1.0 83   E D
11R T2600 ヤマニンボワラクテ    セ4 フルーH1000 2:39.7 -0.3 ± +1.0 -1.3 90   E D
12R T1200 ゴールドシャンティ    牝3 相馬特別500 1:08.6 -0.6 ± ±0 -0.6 100   C D

2015-11-07 (土)  ダ=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1700 メイショウダッサイ    牡2 未勝利 1:48.8 +0.8 ± +0.8 ±0 92   D D
3R D1700 エグランティーナ    牝3 500万下・牝 1:46.8 +0.8 ± +0.8 ±0 92   D D
6R D1700 スズカリバー    牡3 500万下 1:47.5 +1.5 ± +1.5 ±0 85   E D
7R D1150 メランコリア    牝3 500万下・牝 1:08.6 +0.1 ± +0.1 ±0 99   C D
9R D1150 ブリンディス    牡3 500万下 1:08.9 +0.4 ± +0.4 ±0 96   D D

         

■ワンポイントアドバイス
土曜京都12Rから学ぶこと
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。