Victory Road

アダルト動画

2015/11/07 (土)
2015年5回東京1日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜はマイナス0秒5からプラス0秒5へと変動した。まずはさかのぼって8日間の馬場差を振り返っておくと、前開催5日目以降マイナス1秒レベルで推移していたが、先週日曜は雨の影響を受けて、この秋の東京で初めてプラスの数値になった。
 土曜の馬場差は1週前とほぼ同じだった。Bコースに移っても外と言うか、馬場の中ほど、そこら辺を通った馬の伸びが目立って、土曜は差し・追い込み馬の好走が目立った。超スローペースで結果的に前残りの京王杯2歳Sも外を通った馬の伸びは目立っていた。日曜日は雨が降り続けて、馬場差は変動になった。1Rの時点で土曜より時計が掛かっていて、後半は馬場差がプラスになった。そして日曜日の勝ち馬は全て4コーナー3番手以内だったが、先行馬が4コーナーもう内を空けるようになって来ましたし、スローペースの影響も大きい。7レースの内6レースでペース補正が入って、その内3レースはスローのSランクだった。ちなみに土曜は芝の6レース全てペース補正入っているが、Sランクは1つもない。今週まではBコースで、その後の後半2週はCコースが使用される。今週も内を通るの伸びを欠くという馬場になると予想できる。
ダート
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜はマイナス0秒4からマイナス0秒9へと変動した。さかのぼって8日間の馬場差を振り返っておく。前開催2週目は雨の影響で速い時計の出るコンディションだった。その後水準レベルで推移していたが、先週日曜は雨の影響で時計が出やすくなった。
 週初めに降った雨の水分が残っていて、土曜日にしても1週前より時計が出る状態だった。そして雨が降り続けた日曜は徐々に高速化して行ったが、超高速馬場とまでは行かなかった。日曜日は良馬場でスタートして最後重まで行っているが、馬場差の変動幅はそれほど大きくない。土曜は好位差しが優勢だったが、日曜日は追い込み勝ちが3回あった。で、追い込んで勝った3頭全て1番人気だったが、ダートの重馬場は前残りという俗説があるが、特に東京ではそれは当てはまらない。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/11/07 (土)  芝=-1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1600 シーブリーズラブ    牝2 未勝利・牝 1:35.5 -0.6 -0.3 -0.1 -0.8 101   C B
4R T1800 ダイチラディウス    牡2 未勝利 1:49.9 +0.7 -0.9 +0.7 -0.9 93   D C
5R T1400 レッドエトワール    牝2 新馬・牝 1:24.2 +0.6 -0.6 +0.7 -0.7 93   D C
9R T1600 レッドライジェル    牡3 立冬特別1000 1:34.3 +0.1 -0.5 +0.4 -0.8 96   D C
10R T2000 ショウナンバッハ    牡4 ノベンH1600 2:00.0 +0.6 -0.8 +0.8 -1.0 92   D C
11R T1400 ボールライトニング    牡2 京王杯2G2 1:22.6 +0.2 -0.8 +0.1 -0.7 99   C C

2015-11-07 (土)  ダ=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 トモジャポルックス    牡2 未勝利 1:27.2 +0.8 ± +1.1 -0.3 89   E D
2R D1300 スリラーインマニラ    牡2 未勝利 1:19.3 -0.4 ± -0.2 -0.2 102   C C
6R D1600 アルーアキャロル    牡2 新馬 1:39.1 -1.0 ± -0.7 -0.3 107 B B
7R D1300 スモーダリング    牝3 500万下 1:18.8 +0.3 ± +0.5 -0.2 95   D C
8R D1600 アナザーバージョン    セ4 500万下 1:37.6 -0.4 ± -0.1 -0.3 101   C C
12R D2100 アポロケンタッキー    牡3 1000万下 2:12.1 +0.8 ± +1.2 -0.4 88   E C

         

■ワンポイントアドバイス
土曜京都12Rから学ぶこと
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。