Victory Road

DMM.make DISPLAY

2015/12/13 (日)
2015年5回阪神4日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒1、日曜がマイナス0秒4だった。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値だが、開幕週にしても高速馬場という程ではなく、先週土曜は雨の影響が残り、水準に近いレベルだった。日曜は土曜と比べれば、開幕週に近いレベルだったが、やはり速い時計の出るコンディションという程ではなかった。
 阪神地域は木曜午後から雨が降り始めて、金曜未明から激しくなった。当然その影響は残って、レース後何人かの騎手に聞くと、馬場結構緩いよという声が聞こえてきた。なお、土曜日馬場発表は稍重から良に変更されたが、馬場差は1日を通した数値。あと、脚質的には全12鞍中逃げ馬の連対が4頭で、先行馬も4頭だった。好位組も8連対で開幕週と同様前めにつけた馬が有利だった。後方からの差しが届くためには、力そのものが上位か、あるいは展開が向くか、もしくは内目を突くか。いずれにしろ、外一気の差しは辛い状況だった。なお、阪神の芝は今週もう1週Aコースが使用されて、最終週だけはBコースになる。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒2、日曜がマイナス1秒1だった。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、開幕週は水準レベルだったが、先週は土日ともにマイナス1秒台で一気に時計が出やすくなった。
 開幕週から2週目にかけての推移は中山ダートと似ている。先週は雨の影響が残って、高速化した。阪神については、日曜は雨が降っていないが、それでも土曜とほとんど変わらなかった。速い時計の出るコンディションだった。あと、脚質的には土曜は逃げ馬が6鞍中5鞍で連対した。しかも連対馬は全て前めにつけた馬だった。日曜は前半は前に行った馬が有利で、後半になれば差しも届いていた。この辺り、速め速めに動かないとという騎手心理も多少左右したのかなと思う。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/12/13 (日)  芝=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1400 キアロスクーロ    牡2 未勝利 1:22.5 -0.6 ± -0.3 -0.3 103   B C
4R T1800 レオナルド    牡2 未勝利 1:48.7 ±0 -0.5 -0.1 -0.4 101   C C
5R T1200 ペプチドブラッサム    牝2 新馬 1:11.7 +1.3 -0.2 +1.3 -0.2 87   S D
9R T2200 レッドルーラー    牡5 境港特別1000 2:14.6 +1.1 ± +1.5 -0.4 85   E C
10R T2400 シュヴァルグラン    牡3 オリオH1600 2:28.1 +2.4 -0.7 +2.2 -0.5 78 S C
11R T1600 メジャーエンブレム    牝2 阪神ジュG1 1:34.5 +0.1 ± +0.4 -0.3 96 D C

2015-12-13 (日)  ダ=-1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 メイショウフウシャ    牝2 未勝利・牝 1:25.0 -1.3 ± -0.4 -0.9 104   B E
2R D1800 クリノウィンザー    牡2 未勝利 1:54.3 -0.7 ± +0.4 -1.1 96   D D
6R D1800 ゴールドドリーム    牡2 新馬 1:54.0 -1.3 -0.6 -0.8 -0.5 108 B D
7R D1400 アチーヴ    牡5 500万下 1:24.1 -0.8 ± +0.1 -0.9 99   C D
8R D1800 エイシンナセル    牡3 500万下 1:53.0 -0.1 -0.3 +0.7 -0.8 93   D D
12R D1400 シャトーウインド    牡5 高砂特別1000 1:23.7 -0.5 ± +0.4 -0.9 96   D D

         

■ワンポイントアドバイス
中山芝のステイゴールドとドリームジャーニー
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。