Victory Road

アダルト動画

2015/12/20 (日)
2015年4回中京6日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒9だった。まずさかのぼって6日間の芝の馬場差を振り返っておく。開幕週がマイナス1秒台、2週目は雨の影響で水準レベル。先週は開幕週ほどではないが、速い時計の出るコンディションだった。
 天候に恵まれた事もあって、時計の出方は速くなった。ただ、馬場の内側の荒れは顕著で、内を空けて走る馬の姿が目立った。とは言え、外差し一辺倒かと言うとそうでもなくて、日曜後半は逃げ切りも2鞍あった。両レース共通して言えるのは、馬場の内側を空けての逃げだった。結局各騎手がゆったり構えても届くという意識が強すぎたせいか、妙に控えてしまうケースが多くて、逆に逃げ切りを許す結果になったんだと思われる。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜がプラスマイナスゼロだった。4回中京のダートは週単位で時計の出方が変化した。2週目は雨の影響で時計が出やすく、特に3日目はマイナス1秒0だった。一方先週は水準レベルで日曜だけはマイナスの数値ではなく、この開催では最も時計が掛かっていた。
 1・2週目と比較すれば、乾いて時計が掛かった。上位馬から見ると好位から抜け出すタイプの活躍が目立った。土日12鞍あって逃げ・先行タイプの連対はわずか3頭で、前回の番組で乾いた馬場なら差しが届くと話したが、その通りとまでは言わないまでも、好位差しは結構決まっていた。何となく中京イコール前残りみたいな事言う人多いが、最近は案外そうではなくなってきている印象が強い。特に乾いた馬場の場合はそのイメージが徐々に覆されている感じがある。
馬場差一覧

■タイム分析
2015/12/20 (日)  芝=-0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1600 フォールインラブ    牝2 未勝利 1:35.3 -1.4 ± -0.7 -0.7 107   B C
8R T2000 パフォーマプロミス    牡3 500万下 2:00.5 -1.5 ± -0.6 -0.9 106 B D
10R T1200 フルールシチー    牝4 桑名特別500 1:09.3 -0.4 ± +0.1 -0.5 99   C D
11R T2200 ザトゥルーエアー    牡4 名古屋日1000 2:15.0 +0.5 -0.5 +1.0 -1.0 90   S C
12R T1600 ルグランパントル    セ3 豊川特別500 1:36.4 +0.9 -0.8 +0.8 -0.7 92   D C

2015-12-20 (日)  ダ=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 サウンドスタジオ    牡2 未勝利 1:56.1 +0.6 ± +0.6 ±0 94   D D
2R D1900 トウカイエントリー    牡4 500万下 2:00.0 -0.3 ± -0.3 ±0 103   C D
3R D1200 ティップトップ    牝4 500万下・牝 1:12.3 -0.2 ± -0.2 ±0 102   C D
6R D1800 オーサムレジェンド    牡3 500万下・若 1:54.5 +0.9 ± +0.9 ±0 91   E D
7R D1400 コロマンデル    牡3 500万下 1:24.8 -0.4 ± -0.4 ±0 104   B C
9R D1800 ヴェルメンティーノ    牝4 500万下・牝 1:55.2 +1.6 ± +1.6 ±0 84   E D

         

■ワンポイントアドバイス
乾くと差し届き、湿ると前残る
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。