Victory Road

アダルト動画

2016/02/06 (土)
2016年2回京都3日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒3だった。さかのぼって8日間の馬場差を振り返っておく。目に付くのはこの開催開幕週の数値で、雨の影響を受けて特に初日は時計が掛かった。他の週の馬場差はマイナスだが、先週は水準に近いレベルだった。
 連続開催の後半に入って、乾いたコンディションであっても1回開催と比べると時計は掛かってきている。上位馬の脚質については、中団・後方組が優勢だった。特に日曜はそれが顕著で、4コーナーで外を回った馬が多かった。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がプラス0秒5だった。さかのぼって8日間の馬場差を振り返っておくと、ダートでも目に付くのはこの開催の開幕週だけがマイナスの馬場差。しかも、かなり脚抜きの良いコンディションになっていた事。他の6日前開催の後半や先週はプラス数値だった。
 ダートはプラスの数値に戻った。それだけ開幕週は雨の影響が強く残っていたという事。なお、土日で0秒4の開きがあるのは、日曜の方がさらに乾いた上、金曜に散布した凍結防止剤の影響が残っていて、粘りけが出てきたため、土曜より時計が掛かったという事。ということで、先週は開幕週とは全く異なるコンディションになって、脚質面では前へ行った馬が目立った開幕週とは違って、大きな偏りはなかった。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/02/06 (土)  芝=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1800 ミッキーグッドネス    牝3 未勝利・牝 1:48.7 ±0 -0.5 -0.2 -0.3 102   C D
6R T1600 ショパン    牡3 未勝利 1:35.2 -0.3 ± -0.1 -0.2 101   C C
9R T1600 ティーエスネオ    牡5 木津川特1000 1:34.5 +0.6 ± +0.8 -0.2 92   D C
10R T1600 レッドアヴァンセ    牝3 エルフィ 1:36.2 +1.8 -0.7 +1.3 -0.2 87   S C

2016-02-06 (土)  ダ=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 フジノナデシコ    牝3 未勝利 1:54.8 +0.5 ± +0.4 +0.1 96   D D
2R D1800 ワンダースペリオル    牡3 新馬 1:54.4 -0.2 ± -0.3 +0.1 103   C D
3R D1400 レッドヴェルサス    牡3 未勝利 1:25.5 -0.4 ± -0.5 +0.1 105   B C
4R D1200 ゴルゴバローズ    牡3 500万下 1:12.0 -0.3 ± -0.4 +0.1 104   B C
7R D1900 ウインユニファイド    牡4 500万下 2:00.7 +1.5 ± +1.4 +0.1 86   E D
8R D1200 パッシングブリーズ    牡5 500万下 1:11.9 ±0 ± -0.1 +0.1 101   C D
11R D1900 ダブルスター    牡7 アルデバH 1:57.7 +0.9 ± +0.8 +0.1 92   D D
12R D1800 メモリーシャルマン    牝7 1000万下・牝 1:53.0 +1.2 ± +1.1 +0.1 89   E C

         

■ワンポイントアドバイス
見習騎手・復活組の3人に注目
 3月から見習騎手の負担重量についてルールが変わり、減量期間が5年に延長される。ルール変更により、2012年デビューの中井裕二☆/長岡禎仁△/原田和真▲が減量復活、2013年デビューの岩崎翼☆/城戸義政△/伴啓太△が減量継続となる(2/8時点での見込み)。
 特に強調したいのは2012年デビュー組で減量復活となる3名。 3人とも減量特典が無くなった昨年は成績がダウンしている。ということは昨年の成績ではなく一昨年の成績に戻せる可能性があるということ。
 まず中井騎手、1/31のシルクロードSではローレルベローチェで逃げて2着。平場では1キロ減となる。
 長岡騎手は小倉に滞在、小倉の4週目から減量特典が復活。その後の主戦場は中京になりそう。小倉中京のローカル場所で要注意。減量はスローで上がりの早い新潟では特に有利になることがあるので、新潟では特に注意が必要。
 原田騎手は3キロ減が魅力。まだ障害に乗れるので特に障害の3キロ減は有利に働く。その点でこれから騎乗依頼数も増え、騎乗馬の質も上がる可能性がある。復活組3人の中では原田騎手が最もブレイクしそう。
 その他に今年の活躍が見込めそうな騎手/調教師を関東から3人をあげる。騎手は石川裕紀人騎手と大野拓弥騎手。
 石川騎手は2年目にブレイク。騎乗依頼数が2倍になって勝利数は3倍以上に増えた。依頼される馬のレベルが上がったこともあって勝率、連対率、全てにおいて格段の進歩を遂げた。もう彼は重賞でも重い印を打てる騎手だと評価している。減量特典がまだあるので平場の1キロ減で狙うが、むしろ馬券的には高額条件の人気薄が狙い目になりそう。
 大野騎手は勝利数こそ一昨年より少なくなったが、これはローカル回りが無くなって中央場所を主戦にしたためで中身が違う。一昨年の重賞が2勝だったのに対して、昨年は地方のダートグレードを4勝(サウンドトゥルー、ホワイトフーガ)、3着内率もアップし安定感が出てきた。昨年の厩舎別成績は高木登厩舎が9勝、新開幸一厩舎の4勝など騎乗依頼に比例した成績となっている。他に連体率43.8%の栗田徹厩舎とのコンビが注目。
 調教師では2011年開業、6年目の木村哲也調教師。昨年は前年の倍以上の31勝を上げ、アルビアーノで重賞を2勝、勝利数の増加で中身も濃くなっている。特に強調したいのは連体率の高さで、連体率順では昨年3位となる23.9%をあげている。無駄打ちをせずに少数精鋭で結果を出すということで、信頼して馬券を買いやすい。騎乗依頼数では柴山騎手が多く、昨年の31勝中13勝は柴山騎手。

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。