Victory Road

アダルト動画

2016/02/21 (日)
2016年1回小倉4日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス1秒5からプラス1秒9へと変動、日曜がプラス0秒9だった。ここまで4日間の芝の馬場差を振り返っておくと、開幕週は雨の影響を受けながらもマイナスの数値だったが、先週は時計の掛かるコンディションになった。
 芝だけを見ていると、馬場にどれだけ水分が残っているかわかりづらいかもしれないが、ダートを見ると土曜1R時点でかなり水が浮いていた。それだけ雨の影響を受けた訳で、土曜芝で最初のレース3R時点で2000m換算の馬場差はプラス1秒5。ただ、その後は東京や京都のように激しい雨ではなく、急速に時計が掛かって行くことはなかった。そして12R時点の2000m換算の数値でプラス1秒9。土曜のレース終了後についても、京都や東京のようには雨の影響を受けなかったので、日曜の馬場差は土曜よりは水準方向に近づいた。馬場発表は途中で変更されたが、馬場差は1日を通した数値。連対馬の脚質だが、中団・後方からの差しが多く、前へ行った馬が少ないが、内枠の馬が不振という訳ではなかった。ただ、今週からBコースに替わりますから、同じ傾向が続くとは言い切れない。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒1からマイナス1秒4へと変動、日曜はマイナス0秒7からマイナス0秒3へと変動した。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、全て雨の影響を受け良馬場の日はない。ただ、開幕週よりも先週の方が土日で開きがあった。
 芝の所でも少し触れたが、土曜は1R時点で水が浮いていて終日不良馬場。ただ、脚抜きが良いコンディションを既に通り過ぎてしまったという感じで、ダートでは7R時点まで雨が降っていたとは言え、もはや時計の出方は変わらなかった。従って、7Rまでの馬場差はマイナス1秒1。雨が止んだ後は水が引いていったが、その結果むしろ時計が出やすくなって、11R時点で馬場差はマイナス1秒4。従って土曜ダートについては1Rから7Rまではマイナス1秒1、11Rだけがマイナス1秒4。徐々に変化して行った訳でも、1日の中でも大きく変化した訳でもないので、この点は注意。次に日曜日。ダート戦が4鞍しかなかったが、朝・昼・終盤の3つのブロックに分けることができる。徐々に乾いて行って、ダートで最後のレースである9Rは水準に近いレベルだった。土日を通して見て、ピークつまり最も高速化したレースが東京・京都ほどのレベルではなく、さらに日曜、水準に近いレベルになったのは、小倉ダートだけが凍結防止剤が散布されていた影響もあったのかもしれない。連対馬の脚質、こちら目立った偏りはないものの差し馬がやや優勢だった。少なくとも小回りで水を含んだ馬場と言っても先行馬が有利という訳ではなかった。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/02/21 (日)  芝=+0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1200 ペイザージュ    牝3 未勝利 1:09.8 +0.5 ± ±0 +0.5 100   C D
4R T2000 ゼンノタヂカラオ    牡3 未勝利 2:01.9 +0.6 ± -0.3 +0.9 103   C D
6R T1200 ウインソワレ    牝4 500万下・牝 1:08.8 +0.3 ± -0.2 +0.5 102   C D
7R T1800 トラストルシファー    牝4 500万下 1:48.1 +1.0 ± +0.2 +0.8 98   C D
8R T1200 シャンデリアハウス    牝4 500万下 1:08.6 +0.1 ± -0.4 +0.5 104   B C
10R T2000 デンコウインパルス    牡4 小倉城特500 2:00.7 +0.8 ± -0.1 +0.9 101   C C
11R T1800 アルバートドック    牡4 小倉大賞HG3 1:46.7 +1.7 ± +0.9 +0.8 91   E D
12R T1200 ダノンルージュ    牝6 紫川特別1000 1:08.8 +0.7 ± +0.2 +0.5 98   C D

2016-02-21 (日)  ダ=-0.7 → -0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1700 エテルナミノル    牝3 未勝利・牝 1:46.5 -0.3 ± +0.4 -0.7 96   D D
2R D1000 メイショウノボサン    牡3 未勝利 0:59.5 +0.3 ± +0.7 -0.4 93   D D
5R D1700 ブレイクエース    牡4 500万下 1:44.7 -0.5 ± ±0 -0.5 100   C D
9R D1700 オウケンワールド    牡4 500万下 1:45.2 ±0 ± +0.3 -0.3 97   C D

         

■ワンポイントアドバイス
小倉後半戦の狙い方「見習騎手を狙え!」
1回小倉は先週で前半が終了し今週から後半戦になるが、見ていて感じたのは見習い騎手の活躍。

 加藤△騎手は初日に3勝、小崎☆騎手は1週目に3勝の固め打ち。鮫島△騎手は平場では2勝だが、2日目に特別レースを2勝。3日目の4Rでは岩崎☆騎手が11番人気のグランドサッチャーで単勝98.9倍の大穴をあけた。加藤△騎手は3日目に落馬して乗り変わったが、11Rの和布刈特別を逃げ切ったトップボンバー、12Rの大牟田特別で追い込み勝ちを決めたフィボナッチは共に加藤△騎手が騎乗予定の馬だった。
 こうして振り返ると必ずしも平場の減量特典だけを生かして勝っているわけではない事がわかる。つまり特別レースでもそれなりの有力馬に乗っていて、騎乗依頼の質が格段にアップしている証と言える。後半戦もこの傾向は続くと思う。落馬した加藤△騎手、小崎☆騎手が今週乗れるかは定かではないが、騎乗できない場合は他の減量騎手への依頼が増える可能性がある。
 後半特に注目しているのは佐賀県出身の鮫島△騎手。地元でのレースはモチベーションも高いはずで、先週の小倉大賞典では14番人気のケイティープライドを4着に持ってきている。後半の小倉競馬では減量騎手を狙っていきたい。

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。