Victory Road

DMM.make DISPLAY

2016/03/06 (日)
2016年2回中山4日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がマイナス0秒8だった。まずはここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、マイナス0秒9からマイナス0秒7の間で推移しており、高速馬場とまでは行かないが、速めの時計が出るコンディション。
 先週は月曜日に1.5ミリの雨が降っただけ。火曜と水曜に散水を行ったが、芝は全体に乾燥気味で土曜の馬場差は中間の雨による水分が乾いた2日目と同じだった。日曜は土曜より少し掛かっているが、大きな変化はなくて高速までには至らないほど良い速さを保っている。なお、日曜は4Rの障害戦終了後にパラッと雨が降ったが、馬場差に影響を及ぼす程ではない。中山にしては中団からの差し・後方からの追い込みがよく決まっているのも、先々週と同じ。逃げて連対した3頭の内、オーシャンS2着のハクサンムーンを除く2頭はスローペースによるものだった。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒9、1200m対象の数値は土日ともにプラス0秒1だった。ここまで4日間の馬場差を振り返っておく。まず1800mは全てプラスの数値。初日は水準に近いレベルだったが、2日目以降は時計が掛かっている。一方1200mはここまで水準レベルで推移している。
 開幕週の日曜日、良馬場発表時と比較してもさらに乾燥が進んだ。よって馬場差も1800m対象でプラス0秒9と時計を要しており、1200mも水準レベルではあるが1週目より若干掛かっている。馬場差はそれぞれ土日を通した数値。日曜昼にパラついた雨は時計の出方に影響はしていない。同じように時計を要した2日目の1800mは差し・追い込みの台頭が目立ち、逃げ・先行馬には厳しい状況だったが、先週はそれより顕著ではないものの、中団からの差しがよく決まっていた。良馬場である限り、この傾向は続きそう。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/03/06 (日)  芝=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1800 ムーンクエイク    牡3 未勝利 1:50.1 +0.4 -0.9 +0.2 -0.7 98   C D
8R T2000 ソールインパクト    牡4 500万下 2:00.8 -0.8 ± ±0 -0.8 100   C C
9R T2500 ディスキーダンス    牡5 潮来特別1000 2:35.8 +1.3 -1.2 +1.1 -1.0 89   S C
11R T2000 マカヒキ    牡3 弥生賞G2 1:59.9 -1.3 ± -0.5 -0.8 105 B B
12R T1600 ロジダーリング    牡4 1000万下 1:34.4 +0.1 -0.3 +0.4 -0.6 96   D C
  

2016-03-06 (日)  ダ=+0.9 / 1200m=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 メジャースターダム    牡3 未勝利 1:57.1 +1.4 ± +0.5 +0.9 100   D D
2R D1200 テンプルツリー    牝3 未勝利・牝 1:13.1 +0.2 ± +0.1 +0.1 100   C D
3R D1800 プラチナダリア    牡3 新馬 1:57.7 +1.6 ± +0.7 +0.9 100   D C
6R D1200 ヨンカー    牡3 500万下 1:12.1 -0.1 ± -0.2 +0.1 100   C C
7R D1800 アスペンツリー    牡5 500万下 1:55.1 +1.1 -0.5 -0.3 +1.4 100   C C
10R D1800 ブチコ    牝4 上総SH1600 1:53.0 +0.6 ± -0.3 +0.9 100   C C

         

■ワンポイントアドバイス
1回小倉開催から今後への注目馬
 今週で1回小倉が終了しレベルは総じて低調であったが、開催3週目から改めて強調しておきたい馬がいる。500万下/1000万下を連勝した2頭を取り上げる。
 1頭目は開幕週の芝2600mを差しきったブライトバローズ。吉岡さんがこの馬のことを紹介していて「中1週で皿倉山特別に出走してくれば狙い目」と言っていたが、その通りに3週目の皿倉山特別を快勝した。3歳正月の京成杯を大差負けして喉を手術。約11ヶ月の長期休養を経て中京で6着、中山で2着と調子を上げていき、今開催への連勝へとつながった。500万勝ちは4コーナー手前/直線と2度、前が詰まりながら残り200mで外へ出しての差しきり勝ち。一方の皿倉山特別は道中スムーズに捌けたこともあるが、相手があがっても勝ち方としてはむしろ楽になった印象があった。タイムランクもCと水準で悪くない。中間は小倉に滞在していたとはいえ、中1週で長距離戦に連続して出走し問題が無かったことからも、喉は大丈夫とみていいと思われる。1600万下の中長距離戦でも目が離せない存在。
 2頭目は巌流島特別(500万下)/周防灘特別(1000万下)と芝1200mを連勝したオウノミチ。新馬戦でハープスターの2着した実績がありながら、勝てずに笠松に転入し賞金を得て中央へ戻ってきた。昨年秋の3戦、4着/2着/2着がいずれもハイペースを前で踏ん張ったもので、この粘り強さが小倉1200mで開花した。完全タイム差はいずれも±0の水準級であることに加えて、500万下が2着馬にクビ差に対して、1000万下では0.3差とこちらもクラスがあがって勝ち方が楽になっている。巌流島特別出走時で馬体重が10kgほど増加、オレハマッテルゼの産駆だが、オルフェーヴルと同じノーザンテーストの4x3のクロスを持っていて5歳にして確かな成長力を感じる。テン600mを33秒前半でも引っ張りきりで逃げるくらいスピードがありながら、番手に控える競馬も出来て、1400mにも実績がある。この分なら1600万下も通過点になる、そんな気もしている。

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。