Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2016/03/19 (土)
2016年2回中京3日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜が設定不能、月曜がプラス0秒9だった。ここまで4日間の芝の馬場差を振り返っておくと、開幕週は雨の影響を受けても速い時計の出るコンディションだったが、先週土曜は雨の影響でかなり時計が掛かって設定不能。月曜は土曜より乾いたが、それでも時計の掛かるコンディションだった。
 金曜の夕方から土曜の朝にかけて33ミリのまとまった雨が降った。中山・阪神の約倍。開幕週は水準よりもかなり速い馬場コンディションだったが、12月と1月に開催されているのに加えて、元々中京の芝は1度本格的な雨が降ると一気に悪化する傾向がある。土曜は芝4鞍のタイム差が大きく、正確な馬場差を出すのが困難として設定不能とした。間に日曜を挟んで、土曜に走った傷みも修復されて、同時に乾燥が進んで月曜は回復しているが、それでも時計は水準よりも1秒近く掛かっている。その月曜は稍重でスタートして、10Rから良馬場で行われたが、馬場差は1日を通した数値。こうしたケースでは外伸びの傾向となる。実際土曜は外からの差し・追い込みが決まっているが、その傍らで土曜9Rで2着のフロリダパンサー、土曜12Rで2着のテイエムフタエマルなど、内で行ききった逃げ馬も残っていた。さらに月曜は内から乾いて行った節もあって、好位付けの馬が伸びて後方からの馬は苦戦を強いられていた。高松宮記念の行われる最終週の今週はBコースに変わる。推測としては土曜は内有利、日曜は内も外も五分と推測するが、いずれにしても時計勝負にはなりにくい可能性がある。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒5からマイナス1秒2へと変動、月曜がマイナス0秒5だった。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、先週土曜は雨の影響で脚抜きが良く、速い時計が出るコンディションだった。他の開催日は水準かやや速めというレベルで、乾いたコンディションであれば水準レベルになっている。
 金曜からの雨で土曜は水の浮いた状態だった。水準寄りの1週目と一転して馬場は一気に高速化した。それでも後半はいくらか乾いて行って変動。日曜は中京では開催がなくて、月曜は土曜よりも乾いて水準に近づいてはいるが、馬場差は稍重発表の初日よりも速かった。月曜の馬場差は1日でくくれる。連対馬を見ると、2日間とも前有利。中団からの差しは2着が2回あるだけ。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/03/19 (土)  芝=----
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1200 カネトシボヌール    牡3 未勝利 1:12.1 +1.7 ± -- --   - D
9R T2200 リノリオ    牡5 熊野特別500 2:19.4 +4.2 ± -- --   - D
11R T1400 トウショウドラフタ    牡3 ファルコG3 1:25.0 +3.2 ± -- -- - C
12R T2000 ゴールドエッセンス    牝4 500万下・牝 2:07.5 +5.5 ± -- --   - D

2016-03-19 (土)  ダ=-1.5 → -1.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 キョウワクロニクル    牝3 未勝利・牝 1:25.8 -0.5 ± +0.7 -1.2 93   D E
3R D1200 ニケトップラン    牝3 未勝利 1:12.2 -1.2 ± -0.2 -1.0 102   C E
6R D1800 タマモアルム    牡3 未勝利 1:54.8 -0.2 -0.4 +0.7 -0.9 93   D D
7R D1400 スズカプリオール    牡5 500万下 1:24.8 -0.3 ± +0.7 -1.0 93   D D
8R D1800 マッシヴランナー    牡4 500万下 1:52.4 -1.2 ± +0.1 -1.3 99   C D
10R D1200 ブリンディス    牡4 恵那特別1000 1:11.1 -0.8 ± ±0 -0.8 100   C C

         

■ワンポイントアドバイス
速いダートでスピード全開のゴールドアリュール産駒
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。