Victory Road

アダルト動画

2016/04/03 (日)
2016年3回中山4日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒5だった。まずはさかのぼって8日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響で水準レベルだった前開催最終週を除くと、全てマイナス0秒5の馬場差。
 先週からBコースに替わって本来なら馬場差はマイナス方向に動いてもおかしくなかったが、土日ともに雨の影響を受けて先々週と同じ数値だった。ただ、雨の影響と言っても少量の雨で、時計を要するという事はなかった。なお、連対馬を見ると、コース替わり初日の土曜は前へ行って内を立ち回った馬が多かったが、日曜は偏りがなかった。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにマイナス0秒1、1200m対象の数値は土日ともにマイナス0秒3だった。さかのぼって8日間の馬場差を振り返っておく。1800mは基本的に水準か水準前後で推移しているが、前開催最終週は雨の影響によりほかの週よりも時計は出やすくなった。1200mはここ4週全てマイナスの馬場差だが、この開催に入ってからの方がいくらか時計は掛かっている。
 1週目は良馬場で2週目が稍重と馬場発表は異なるが、時計の出方に大きな違いはなかった。連対馬の脚質を見ると前へ行った馬が優勢だが、差し馬が不振という事でもないと。また、1800mでは逃げ馬の連対がなかった。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/04/03 (日)  芝=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T2000 ユニゾンデライト    牡3 未勝利 2:02.9 ±0 -0.9 -0.4 -0.5 104   B D
6R T1600 ミッキーグローリー    牡3 500万下 1:34.4 -0.8 ± -0.4 -0.4 104   B C
8R T2000 ジュンファイトクン    牡4 500万下 2:01.0 -0.6 ± -0.1 -0.5 101   C D
9R T1200 アルマエルナト    セ5 千葉日報1000 1:09.4 +0.6 -0.2 +0.7 -0.3 93   D C
11R T1600 マジックタイム    牝5 ダービーHG3 1:32.8 -0.3 -0.2 -0.1 -0.4 101   C C

2016-04-03 (日)  ダ=-0.1 / 1200m=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 ラッキーペニー    牝3 未勝利・牝 1:12.4 -0.5 ± -0.2 -0.3 102   C D
2R D1800 ブラスロック    牡3 未勝利 1:55.8 +0.1 ± +0.2 -0.1 98   C D
3R D1200 ロマンティックサン    牡3 未勝利 1:13.4 +0.5 ± +0.8 -0.3 92   E D
7R D1800 ジェイケイライアン    牡4 500万下 1:54.6 +0.6 ± +0.7 -0.1 93   D E
10R D1800 ストロングバローズ    牡3 伏竜S 1:52.4 -1.3 ± -1.2 -0.1 112 A B
12R D1200 ガッサンプレイ    牡6 1000万下 1:11.9 +0.6 ± +0.9 -0.3 91   E C

         

■ワンポイントアドバイス
パトロールビデオの活用
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。