Victory Road

巨乳のサンプル動画が見放題!

2016/04/03 (日)
2016年2回阪神4日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒3だった。さかのぼって8日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響で時計が掛かった前開催最終週だけはプラスの数値。そして先週は連続開催6週目にして最も時計の出やすいコンディションになった。
 Bコースに替わった事が大きな要因。とは言え、先々週の中京ほどの劇的な変化ではなく、春の連続開催では終盤になって馬場が堅くなるのか、むしろ先週のように時計が出やすくなることがある。阪神地域は金曜に雨が降ったが、それでもマイナス1秒3の馬場差だった訳ですから、やはり時計の出るコンディションになっていたと言えるだろう。連対馬の脚質を見るとコース替わり初日である土曜は、中団・後方の馬が多く、逃げ・先行馬の連対はなかった。しかし日曜は中団・後方の馬の連対はなく、逃げ・先行馬が5頭連対。突如傾向が変わったのではなく、馬の能力やペースでこんな結果になったのではないかと思われる。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がマイナス0秒7だった。さかのぼって8日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値で雨の影響によって脚抜きが良くなった前開催最終週を除くと、数値に大きな動きはなく、マイナス0秒9からマイナス0秒6の間で推移している。
 良馬場発表であっても時計の出やすい馬場という点は改めて強調しておきたいと思う。連対馬の脚質については、土曜は逃げ・先行馬が多く、日曜は中団・後方に位置していた馬が多かった。芝と反対という事になるが、コンディション自体がほとんど変わっていませんから、馬場の質によるものではないと思う。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/04/03 (日)  芝=-1.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T2200 エルリストン    牡3 未勝利 2:14.8 -0.8 -0.7 -0.1 -1.4 101   C D
6R T1600 マラムデール    牝5 500万下 1:33.4 -1.2 ± -0.2 -1.0 102   C C
8R T2000 ショウナンハルカス    牡4 1000万下 2:00.5 +0.3 ± +1.6 -1.3 84   E D
10R T1400 ティソーナ    牡3 マーガレ 1:21.3 -0.3 ± +0.6 -0.9 94   D D
11R T2000 アンビシャス    牡4 産経大阪G2 1:59.3 +0.5 -0.8 +1.0 -1.3 90   S B

2016-04-03 (日)  ダ=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 オンリーワンスター    牝3 未勝利・牝 1:13.2 -0.1 ± +0.4 -0.5 96   D E
2R D1400 メイショウグンパイ    牡3 未勝利 1:25.7 -0.4 ± +0.1 -0.5 99   C D
3R D1800 サウスオブボーダー    牡3 未勝利 1:54.7 +0.1 ± +0.8 -0.7 92   D D
5R D1800 グランセブルス    牡3 500万下 1:52.8 -0.9 ± -0.2 -0.7 102   C D
7R D1800 タガノコルコバード    牡5 500万下 1:52.6 -0.5 ± +0.2 -0.7 98   C C
9R D1400 キングズガード    牡5 鳴門SH1600 1:23.2 -0.3 ± +0.2 -0.5 98   C C
12R D1200 ハニードント    牝5 1000万下 1:11.0 -0.7 ± -0.2 -0.5 102   C D

         

■ワンポイントアドバイス
パトロールビデオの活用
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。