Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2016/04/17 (日)
2016年3回中山8日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒1、日曜がマイナス1秒1からマイナス0秒9へと変動。そして日曜1200mはマイナス0秒3、1600mはマイナス0秒5だった。まずはさかのぼって8日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値でむしろ後半2週の方が時計が出やすくなった。
 まず週半ばの木曜に22ミリの雨が降ったが、土曜は3週目と同じレベルで速い時計の出るコンディションだった。そして日曜日だが、変動は中距離対象で雨の影響を受けた分の変化。とは言え、大きな影響はなくて4Rがマイナス1秒1、後半がマイナス0秒9でいくらか掛かったというレベル。むしろ日曜で強調すべきは強風。向正面が向かい風になって、外回りの向正面からスタートする1200m、またスタートして400mほどで向正面に入る1600mは前半のペースが上がらなかった、あるいは抑えられたりで時計が掛かっていた。そのため、1200m・1600mについては馬場差を別に設定して表示した。ただ、連対馬の脚質については目立った偏りはなかった。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにマイナス0秒3。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がプラス0秒5だった。さかのぼって8日間の馬場差を振り返っておく。まず1800mは前半2週が水準レベルだったのに対し、3週目特に5日目はこの開催で最も時計の出やすいコンディションだった。一方1200mは7日目まではマイナス0秒4からマイナス0秒1の間で推移していたが、8日目だけはプラスの数値になった。
 やはり日曜1200mの数値が強調点。芝でも述べたように、ダートでもと言うか、ダートの方が向い風の影響が強かった。1200mは時計が掛かった。トピックスで挙がっていた日曜10Rの前半が遅かったのも、風の影響が大きい。なお、日曜は途中で馬場発表変更されたが、馬場差は1日を通した数値。連対馬の脚質を見ても目に付くのは、その日曜ダート1200m。逃げ・先行馬では1Rで2着のハヤブサレディゴーだけと、前が厳しかったんじゃないだろうか。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/04/17 (日)  芝=-1.1 → -0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T2200 グリントオブライト    牝3 未勝利 2:14.1 -1.9 -0.3 -1.0 -1.2 110   A D
8R T1200 グレイトチャーター    牡4 袖ケ浦特1000 1:09.5 +0.7 -0.2 +0.8 -0.3 92   S D
9R T2000 サクラアンプルール    牡5 鹿野山特1000 2:00.1 -0.8 -0.4 -0.3 -0.9 103   C D
11R T2000 ディーマジェスティ    牡3 皐月賞G1 1:57.9 -3.0 ± -2.1 -0.9 121   A A
12R T1600 ロジチャリス    牡4 春興SH1600 1:35.9 +2.2 -0.7 +2.0 -0.5 80   S D

2016-04-17 (日)  ダ=-0.3 / 1200m=+0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 グローリアスクロワ    牝3 未勝利・牝 1:13.5 +0.6 ± +0.1 +0.5 99   C C
2R D1800 スウィフトレイド    牡3 未勝利 1:55.1 -0.6 ± -0.3 -0.3 103 C C
3R D1200 キチロクステージ    牡3 未勝利 1:13.5 +0.6 ± +0.1 +0.5 99   C D
5R D1800 ラテールプロミーズ    牡3 500万下 1:54.4 -0.3 ± ±0 -0.3 100   C C
6R D1200 リュクサンブール    牡5 500万下 1:12.3 +0.4 ± -0.1 +0.5 101   C C
7R D1800 アオイオンリーワン    牡4 500万下 1:54.8 +0.8 ± +1.1 -0.3 89   E D
10R D1200 キタサンミカヅキ    牡6 京葉SH 1:11.8 +1.7 ± +1.2 +0.5 88   E D

         

■ワンポイントアドバイス
中山ダートの1・2番で凡走した馬を次狙え
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。