Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2016/04/17 (日)
2016年2回阪神8日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がプラス0秒9からプラス0秒4へと変動した。さかのぼって8日間の馬場差を振り返っておくと、マイナス1秒0に近いレベルで推移していたが、8日目だけはプラスの数値だった。
 阪神は先週水曜から木曜にかけて雨が降ったが、土曜については開催3週目とほとんど変わらず、速い時計の出るコンディションだった。しかし、日曜は明け方の雨で時計が掛かり、芝で最初のレースである4Rでプラス0秒9。ただ、その後いくらか乾いて水準方向に近づいて行った。連対馬の脚質を見ると、土曜は大きな偏りはないが、日曜は連続開催の最終日の上に、雨の影響を受けたこともあり、中団から外を回る差し馬が目に付いた。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜はマイナス2秒1からマイナス1秒5へと変動だった。さかのぼって8日間の馬場差を振り返っておくと、終日良馬場か稍重だった日でもマイナス0秒9からマイナス0秒7とそもそも時計の出やすいレベルで、5日目と8日目はさらに速い時計の出るコンディションになった。
 良馬場の土曜でも馬場差はマイナス0秒9。日曜は明け方に雨が降って脚抜きの良いコンディションになった。マイナス2秒1でスタートして、終盤は乾いたとは言え、12Rでマイナス1秒5と終日高速馬場だった。なお、連対馬の脚質を見ると土曜は偏りはないが、日曜は前へ行った馬の粘り込みが目に付いた。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/04/17 (日)  芝=+0.9 → +0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T2000 パーシーズベスト    牝3 未勝利・牝 2:03.9 +1.7 -0.3 +0.5 +0.9 95   D D
5R T2400 プロジェクト    牡3 未勝利 2:30.1 +1.4 ± +0.4 +1.0 96   C C
6R T1400 ツーエムレジェンド    牡3 500万下 1:22.3 +0.1 ± -0.4 +0.5 104   B D
9R T1200 テイエムゲッタドン    牡5 千種川H1000 1:09.1 +0.2 ± -0.1 +0.3 101   C D
11R T1800 トーセンビクトリー    牝4 難波S1600 1:46.6 +0.7 ± +0.3 +0.4 97   C D

2016-04-17 (日)  ダ=-2.1 → -1.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 オープンユアアイズ    牝3 未勝利・牝 1:53.1 -1.5 ± +0.6 -2.1 94   D D
2R D1200 ピナクルズ    牡3 未勝利 1:11.2 -2.1 ± -0.7 -1.4 107   B D
3R D1800 ラインフィール    牡3 未勝利 1:52.7 -1.9 ± +0.2 -2.1 98   C D
7R D1800 ハッピーエム    牝5 500万下・牝 1:51.8 -1.3 ± +0.6 -1.9 94   D D
8R D1400 アダムズアップル    牡5 500万下 1:23.8 -1.1 ± +0.3 -1.4 97   D C
10R D1200 エイシンローリン    牝5 陽春S1600 1:10.3 -0.8 ± +0.3 -1.1 97   D C
12R D2000 コンセギール    牡4 1000万下 2:03.7 -1.9 ± -0.2 -1.7 98   C C

         

■ワンポイントアドバイス
中山ダートの1・2番で凡走した馬を次狙え
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。