Victory Road

巨乳のサンプル動画が見放題!

2016/04/30 (土)
2016年1回新潟1日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜がプラスマイナスゼロ。直線1000mは土曜はプラス0秒3、日曜がプラス0秒4だった。
 JRAのHPで「この時期は生育途上であり、部分的に不揃いな箇所が見られます」とあるように、1回新潟についてはこんなものだと思う。実際昨年の開幕週にしてもプラス0秒2でしたから、むしろそれよりはいくらか速いレベル。土日の比較では土曜午後と日曜午前に雨が降ったため、日曜の方が少し時計が掛かった。ただ、1日の中では1つの数値にくくることができる。なお、直線1000mはスタートからゴールまで向かい風となっていましたから、土日ともプラスの馬場差。開幕週らしく前に行った馬が有利だった。差して来るにしても中団ぐらいにはいないと厳しい状況で、後方からの差し馬の連対はゼロだった。なお、この開催は全てBコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒5。1200m対象の数値は土日ともにマイナス0秒1だった。
 ダートは土日を通じて馬場発表は稍重だった。木曜・金曜の雨の影響は残っていたが、脚抜きが良いという訳ではなくて、特に1800mはやや時計が掛かっていた。なお、土曜の雨については、ダートのレースは全て終わっていましたし、日曜日の雨は馬場差を変動にする程ではなかった。という事で、土日を通して1800m・1200mとも同じ数値になった。脚質的には好位くらいから差して来る馬の活躍が目立った。だからと言って前残りかと言えば、一概にそうとは言えずに逃げ馬の連対はゼロだった。ペースによっては中団・後方からの差しも届いていた。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/04/30 (土)  芝=-0.2 / 直=+0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1600 エーデルメイシュ    牝3 未勝利 1:35.6 +0.8 ± +1.0 -0.2 90   E E
6R T2000 ルナーランダー    牡3 未勝利 2:01.9 +0.2 -0.4 ±0 -0.2 100   C D
10R T1200 ブロワ    牝3 ゆきつば500 1:08.7 -0.4 ± -0.3 -0.1 103   B D
11R T1000 ハッシュ    牝5 邁進特H1000 0:56.1 +1.2 ± +0.9 +0.3 91   E D
12R T1800 パリカラノテガミ    牡5 二王子特500 1:48.6 +2.1 -1.2 +1.1 -0.2 89   S C

2016-04-30 (土)  ダ=+0.5 / 1200m=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1800 ナンベーサン    牡3 未勝利 1:55.1 +1.1 ± +0.6 +0.5 94   D D
3R D1200 カリアティード    牝3 未勝利・牝 1:13.0 +0.3 ± +0.4 -0.1 96   D E
7R D1200 ストロングトリトン    セ4 500万下・若 1:11.2 -0.7 ± -0.6 -0.1 106   B D
8R D1800 アグネスアーニャ    牝4 500万下・牝 1:55.5 +2.7 ± +2.2 +0.5 78   E D
9R D1200 ブルーミーフラワー    牡5 500万下 1:12.3 +0.4 ± +0.5 -0.1 95   D D

         

■ワンポイントアドバイス
東京遠征でチャンスをモノに
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。