Victory Road

アダルト動画

2016/04/30 (土)
2016年2回東京3日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒3、日曜がマイナス1秒4だった。まずはここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナス1秒台となっている。
 開幕週も先週も週半ばに雨が降ったが、芝については影響はほとんど残っていなくて、速い時計の出るコンディションだった。さらに先週は開幕週よりもいくらか時計が出やすかった程だった。また、土日の比較で言えば日曜の方が乾いて、ここまで4日間では最も時計が出やすかった。あと、連対馬の脚質だが開幕週と同様目立った傾向はなかった。ただ、開幕週は1鞍だった逃げ馬の連対が、先週は3鞍あった。いろんな脚質の馬がまんべんなく好走している印象があった。
ダート
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス0秒7、日曜がマイナス0秒5だった。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、マイナス0秒7からマイナス0秒5の間で推移しており、大きな動きはない。
 土曜は稍重でスタートしたように雨の影響が残って開幕週よりもいくらか時計が出やすくなっていた。なお、その土曜は途中で良馬場に変更されたが、馬場差は1日を通した数値。そして日曜は、土曜と比べれば馬場が乾いて、水準方向にどんどん近づいて行った。ダートも芝と同様脚質に目立った傾向はなかった。ペースが遅いと前が残るし、速いと差しが届いていた。脚質による有利不利は小さい馬場傾向だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/04/30 (土)  芝=-1.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T1400 イスズブライト    牡3 未勝利 1:22.8 -0.2 -0.5 +0.2 -0.9 98   C D
5R T2300 コスモジャーベ    牡3 未勝利 2:23.5 +1.4 -1.0 +1.9 -1.5 81   S D
7R T1600 ナイアガラモンロー    牝4 500万下 1:33.9 -0.9 ± +0.1 -1.0 99   C C
9R T1600 ミッキージョイ    牡4 秩父特別1000 1:33.4 -0.8 -0.4 -0.2 -1.0 102 C C
11R T2400 ヴァンキッシュラン    牡3 青葉賞G2 2:24.2 -2.0 ± -0.4 -1.6 104   C C

2016-04-30 (土)  ダ=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 ブルージャーニー    牝3 未勝利・牝 1:26.3 +0.3 ± +0.9 -0.6 91   E D
2R D2100 トウケイダンディ    牡3 未勝利 2:14.2 +0.5 ± +1.4 -0.9 86   E D
3R D1600 ギブナッシンバック    牝3 未勝利・牝 1:40.3 +1.1 -0.3 +1.5 -0.4 85   E D
6R D1600 バルダッサーレ    牡3 500万下 1:37.5 -0.7 ± ±0 -0.7 100   C D
8R D1400 リンガスヴィグラス    牝4 500万下 1:25.5 +0.6 ± +1.2 -0.6 88   E D
10R D2100 オリオンザジャパン    セ6 春光SH1600 2:11.0 +0.6 ± +1.5 -0.9 85   E D
12R D1300 スウィープアウェイ    牡5 1000万下 1:17.7 -0.2 ± +0.4 -0.6 96   D C

         

■ワンポイントアドバイス
東京遠征でチャンスをモノに
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。