Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2016/05/01 (日)
2016年3回京都4日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒3、日曜がマイナス1秒4だった。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナス1秒台で速い時計の出るコンディション。
 実はここまで2週芝の馬場差は東京と京都で全く同じ。ですから、当然補足しておきたい事も似ていて、週半ばに雨が降ったが芝は時計が出やすくて、開幕週よりも2週目の方が時計が出やすくなっていった。脚質的には前めにつけた馬が有利だった開幕週と比べると、差しが届くようになって来ていた。少なくとも前に行った馬が有利と言える馬場ではなかった。かと言って、差し有利とも言えない感じだった。逃げ切りだった天皇賞の印象を強く持たない方が良いと思いますし、割と差し馬も届いている。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がプラスマイナスゼロだった。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、開幕週はマイナス1秒台だったが、先週は水準レベルへと動いた。
 先週は土曜の朝重馬場でスタートしたので、開幕週同様脚抜きの良いコンディションかと予想していたが、時計は遅くなっていた。この点は注意事項。日曜は乾いてちょうど水準の数値となって行った。なお、土日とも馬場発表は途中で変更されたが、馬場差は1日を通した数値。脚質を問わずまんべんなく連対しているが、開幕週と土曜今までの京都と比べると差しが届いている。これは何でなのか、ちょっとなかなかわかりにくい。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/05/01 (日)  芝=-1.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T2000 アドマイヤキズナ    牡3 未勝利 2:01.1 -0.7 -0.8 -0.1 -1.4 101 C D
5R T1200 ダイアナヘイロー    牝3 500万下 1:07.9 -1.3 ± -0.5 -0.8 105 B C
7R T2400 ハイプレッシャー    牡5 500万下 2:26.9 +0.1 -1.2 +0.6 -1.7 94   D C
8R T1400 エーシンマイェスタ    牡6 鷹ケ峰特1000 1:21.1 -0.2 -0.5 +0.3 -1.0 97   D C
9R T1800 ヒルノマテーラ    牝5 糺の森特1000 1:47.8 +1.1 -0.8 +1.6 -1.3 84   S C
11R T3200 キタサンブラック    牡4 天皇賞春G1 3:15.3 -1.3 -0.6 +0.3 -2.2 97   C C

2016-05-01 (日)  ダ=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 ナオミベガス    牝3 未勝利・牝 1:26.2 +0.6 ± +0.6 ±0 94   D D
2R D1200 タガノフォルトゥナ    牡3 未勝利 1:14.5 +1.8 ± +1.8 ±0 82   E D
3R D1800 フェイスインパクト    牡3 未勝利 1:53.6 -0.3 ± -0.3 ±0 103   C C
6R D1400 タマモユウトウセイ    牡5 500万下 1:25.1 +0.6 ± +0.6 ±0 94   D C
10R D1400 ディーズプラネット    牝3 端午S 1:24.5 +0.7 ± +0.7 ±0 93   D C
12R D1400 ダノングッド    牡4 高瀬川S1600 1:23.7 +0.6 ± +0.6 ±0 94   D D

         

■ワンポイントアドバイス
東京遠征でチャンスをモノに
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。