Victory Road

DMM.make DISPLAY

2016/05/21 (土)
2016年3回京都9日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒4だった。さかのぼって10日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナス1秒台と速い時計の出るレベルで安定している。
 月曜日に雨が降ったが、影響はなくて乾いた馬場で 時計の出方は1週前と同じだった。結構速い時計が出るコンディションではあるが、前へ行くか内を通るかしないとアウトという馬場ではなくて、極端なスローペースにならなければ、馬場の中ほどや外からの差し馬も届いていた。最終週となる今週もDコース使用だが、雨の影響を直接受けることがなければ大きく馬場差が動くことはないはず。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス0秒2だった。さかのぼって10日間の馬場差を振り返っておくと、開幕週がマイナス1秒2だった以外、大きな動きはない。特にここ2週は水準に近いレベルで安定している。
 月曜日の雨はほとんど影響がなくて、馬場差は1週前と同じだった。土曜より日曜の方が乾燥して、少しだけだが、時計が掛かるようになったのも1週前と同じだった。土曜は4コーナー先頭の馬が4勝していて、勝ち馬は全て4コーナー4番手以内。4コーナー先頭の馬が勝った4回中3回2着に差し馬が来ているが、いずれも勝ち馬から2馬身以上離されていた。日曜も4コーナー3番手以内の馬が4勝している。日曜の1Rと12Rは差しきり勝ちと言えるが、どちらもレースが上がりがかなり掛かっていた。基本的には先行有利で、ハイペースになったりして上がりが掛かると中団や後方からの差しも届くという京都のダートらしい結果だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2016/05/21 (土)  芝=-1.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T1400 スペードクイーン    牝3 未勝利 1:21.7 -0.8 ± +0.2 -1.0 98   C C
5R T2000 タニノアーバンシー    牝3 未勝利 2:00.6 -1.2 -0.9 -0.7 -1.4 107   B C
6R T1600 エテルナミノル    牝3 500万下・牝 1:33.9 -0.6 ± +0.5 -1.1 95   D D
8R T1400 グレイスミノル    牝4 500万下 1:20.6 -1.2 ± -0.2 -1.0 102   C D
9R T2200 ロードヴァンドール    牡3 メルボル500 2:13.9 -0.3 -0.8 +0.4 -1.5 96   D C
12R T1800 パフォーマプロミス    牡4 オースH1000 1:46.3 -0.4 -0.4 +0.5 -1.3 95 D D

2016-05-21 (土)  ダ=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 グロリアスメーカー    牝3 未勝利・牝 1:53.2 -0.7 ± -0.4 -0.3 104   B D
2R D1400 ピッツバーグ    牡3 未勝利 1:25.4 -0.2 ± ±0 -0.2 100   C D
3R D1900 エフハリスト    牡3 未勝利 2:00.0 -0.8 ± -0.5 -0.3 105   B D
7R D1800 ウォーターフレアー    牝5 500万下 1:52.5 -0.1 ± +0.2 -0.3 98   C D
10R D1200 ワディ    牝5 シドニー1600 1:10.9 +0.2 ± +0.4 -0.2 96   D D
11R D1900 アスカノロマン    牡5 平安SG3 1:56.2 -0.8 ± -0.5 -0.3 105 B C

         

■ワンポイントアドバイス
牡牝の違い
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。